カルチャー ファッション Boyz(ボーイズ) Supreme

【炎上】BIRKENSTOCK が Supreme とのコラボを拒否!?「それは単なる“売春”行為」

ドイツの老舗シューズブランドBIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)がSupreme(シュプリーム)とのコラボレーションの誘いを断ったという話が話題となっている!

tile3-1534882024

240年以上の歴史と伝統を誇るドイツ発のシューズブランド BIRKENSTOCK(ビルケンシュトック)。ZURICH(チューリッヒ)やARIZONA(アリゾナ)、BOSTON(ボストン)をはじめとするサンダルがそのクラシカルなデザインと抜群の履き心地で特に高い人気を誇り、世界中の老若男女から支持を受ける老舗ブランドだが、先日アメリカのウェブメディア『The Cut』が〈BIRKENSTOCK〉のCEOである Oliver Reichert(オリバー・レイチャート)とのインタビューの中で明らかとなった話。

DlHWGOpX4AEEXAH

Reichert氏によると、BIRKENSTOCK はこれまでにSupreme(シュプリーム)やVetements(ヴェトモン)といった近年のストリートシーンを席巻するブランドたちからコラボレーションのお誘いがあったとのこと。ほとんどのブランドにとっては願ってもない話であろうSupremeやVetementsからのコラボのお誘いだが、なんとBIRKENSTOCKはその誘引をきっぱりと断ったそうだ。その理由についてReichert氏はSupremeやVetementsを知っている人々は既にBIRKENSTOCKのことも知っているからとし、更に多少過激な表現を用いて

「我々にとっては目先の利益以外になんも得がない話さ。なぜならそれは単なる“売春”行為だからね」

と続けた。
ちなみにSupremeが2018年春夏コレクションを発表する直前の2018年2月初旬ごろには、Supremeが2018年春夏シーズン期間中にBIRKENSTOCKとのコラボフットウェアをリリースするという噂が巷を流れていた。

また『The Cut』のインタビュアーがVetementsを率いるDemna Gvasalia(デムナ・ヴァザリア)に上記のBIRKENSTOCK側の考えを伝えると、Demnaは「僕は単にBIRKENSTOCKのシューズの履き心地を気に入ってたからコラボレーションしたかったんだ」と言及。そしてこのDemnaの一言がBIRKENSTOCK側に再度伝わり、BIRKENSTOCKとVetementsをコラボレーションの可能性を探る話し合いの場につなげたよう。言語は英語のみとなるが、『The Cut』による〈BIRKENSTOCK〉のCEO・Oliver Reichert氏へのインタビュー記事のフルバージョンがこちらからご確認を。

コメントを残す