ブランド紹介 未分類

ブランド紹介【Patagonia(パタゴニア)】について

高い製品品質と先進的な環境問題への取り組みで知られるアウトドア・ブランド

Patagonia(パタゴニア)とは

Patagonia(パタゴニア)は『最高の製品を作り、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑える。そしてビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行する』を理念とし、より良い製品の開発に挑戦し続けているアメリカのアウトドアブランドです。

ブランドのはじまり

Patagoniaの創設者イヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)がクライミングを始めたのは、1953年、14歳の時。さらに本格的なクライミングを学び、繰り返し使えるピトンを開発するため、1957年にシュイナードは廃品集積場で60キロの金床と石炭の炉、火箸、ハンマーを買い、独学で鍛造を学び始めました。その後の1966年、自分や仲間が求める高品質のクライミング道具の製造を行なうために創設したパタゴニアの前身、「シュイナード・イクイップメント社」の事業を始めます。出来上がった手製の道具は、他社製品に比べシンプルなデザインでありながらも、軽くて頑丈、しかも多用途で、わずか4年後の1970年までには、米国最大のクライミング・ギアのサプライヤーとなるまでに成長しました。

創設者の話

高い製品品質と先進的な環境問題への取り組みで知られるアウトドア・ブランド、Patagonia社を創業し、わずか半世紀の間に世界的ブランドに育てた創業者兼オーナー、イヴォン・シュイナード。彼の経営哲学はビジネスの常識を覆すユニークなものばかりで、「革命家」とも呼ばれています。彼の発想はPatagonia商品にも強い影響を与えており、回収されたペットボトルからリサイクル・ポリエステルを製造してフリースを作ったり、すべてのコットン製品をオーガニックコットン 100%に切り替えたり、農場から製造工場まで追跡可能なトレーサブル・ダウンを使用するなど様々な革命的なアクションを起こしています。

ブランド名について

Patagoniaというブランド名は南米アルゼンチンのアルゼンチン地方が由来。地図には載っていないようなはるか遠くの遠隔地であること、氷河に覆われた山岳という地形、ガウチョ、コンドルなどが飛び交う幻想的な風景というイメージがぴったりだと考え、またどの国の言葉でも簡単に発音できる言葉であることから名づけられました。

ロゴについて

アルゼンチン・パタゴニア地方のフィッツロイという山がモチーフ。
クライマーとサーファーが集まってスタートしたビジネスと彼らが推進したミニマルなスタイルが反映され、シンプルさと実用性に徹したデザインを追求した独特のスタイルを確立しています。

patagonia-Fitz Roy
Patagonia(パタゴニア)のブランドロゴのモチーフになったフィッツロイ(出典:Natural wonders – Monte Fitz Roy Patagonia)

ブランドの成長

1966年、自分や仲間が求める高品質のクライミング道具の製造を行なうために創設したパタゴニアの前身、「シュイナード・イクイップメント社」の事業を始めます。出来上がった手製の道具は、他社製品に比べシンプルなデザインでありながらも、軽くて頑丈、しかも多用途な商品はあっという間に熱狂的なファンを獲得し、人気商品となりました。

わずか4年後の1970年までには、米国最大のクライミング・ギアのサプライヤーとなるまでに成長し、1973年、衣料品部門のブランドを「パタゴニア(Patagonia)」としました。

しかし、全米のクライミング人気の加熱に伴い、人気ルートの岩壁は何度も登攀の対象となり、クライミングのための道具で傷つけられもろい岩肌は深刻なダメージを重ねていきました。この環境被害を目の当たりにし、またその原因をつくったのが、他でもない自らが作った道具であることに気がついたイヴォンは、自然を破壊してまでビジネスを継続させることに会社としての存在意義はないと考え、ピトンの製造から手を引くことを決断します。

その後、イヴォンは初心へ帰り、自分たちの会社が行うビジネスの意味、環境に対する企業の使命と価値観を説くこととなりました。それは利益の追求は第一目的ではなく、「最高の製品をつくり、環境に与える不必要な悪影響を最小限に抑えること。そして、ビジネスを手段として環境危機に警鐘を鳴らし、解決に向けて実行すること」でした。最高の製品をつくり、環境に与える不必要な悪影響を最小限におさえる、ということをミッション・ステイトメントとして掲げ、アウトドア用品に収まらずファッションブランドとしても世界的人気を誇るブランドとなっています。

 

出典:

パタゴニア:パタゴニアの歴史

ファッションプレス:Patagonia(パタゴニア)

コメントを残す