スニーカー Nike

NIKE SB × DIAMOND SUPPLY CO. 伝説的モデルとして知られる “DIAMOND DUNK” 誕生の裏話

20周年を迎えるDIAMOND SUPPLY CO.のすべてのはじまりとも言える「DIamond Dunk」

Behind-the-design-Nike-Diamond-dunk-1

1998年、Nick Diamond (ニック・ダイヤモンド)によって設立されたDIAMOND SUPPLY CO.  (ダイヤモンド・サプライ・カンパニー)は、設立から20年後には世界で最も敬愛されるスケート・ライフスタイルブランドのひとつとなりました。創設者であるNicholas Tershay (ニコラス・ターシー)によってDiamond Supply Co.は数々のサブカルチャーへ進出していきました。Nike (ナイキ)とのコラボで2005年に発表された「Diamond Dunk (ダイヤモンド・ダンク)」として知られている NIKE SB Dunk Low (ナイキ・エスビー・ダンク・ロー) は、今や伝説とも言えるティファニーカラーを特徴でスニーカー界で広がり、世界中で注目される存在となりました。今年2018年、DIAMOND SUPPLY CO.は20周年を記念して名声高きスニーカーのバージョン3を発表しました。

新しいデザインのきっかけは、昨年Diamond Supply Co.がComplexConへ参加し、すべてのはじまりとも言える「Diamond Dunk」への敬意を表す展示を行ったこと。そのことについてNicholas Tershayは「プレキシグラスで小さなランプを作ってシューズを置き、Nike SB、2005年のオリジナルのDiamond Dunk、2013年のDiamond Dunk high top (ダイヤモンド・ダンク・ハイ・トップに敬意を表した」と話しています。

Behind-the-design-Nike-Diamond-dunk-2

この革新的な展示がきっかけでNike SB チームとTershayは20周年のためのお祝いとして、Diamond Dunkのストーリーを展開していくことを決めました。Tershayにとって、アイデアは至ってシンプルなもので「ダイヤモンドブルーのカラーデザインは既にしたので、白のダイヤモンド、カナリアイエローのダイヤモンド、黒のダイヤモンドをやりたいと思った。クロコダイルやレザーなど同じ素材を使い、シルバープラチナカラーのスウッシュを取り入れた」と話しています。

Behind-the-design-Nike-Diamond-dunk-3

最終的なデザインではサイドのスウォッシュロゴは取り外し可能な作りとなり、その下にはDIAMOND SUPPLY CO. のブランドカラーであるダイヤモンドブルーの素材が仕様されました。「どこにもオリジナルカラーであるダイヤモンドブルーが使われていなかったので、スウッシュの下にダイヤモンドブルーを潜ませるのは良いアイディアだと思った」 とTershay自身が話しています。さらにこのデザインには、もう一つかかとの部分にも発見できる楽しみがあります。DIAMOND SUPPLY CO.というブランドへのさらなる敬意を表して、左右両方のヒールタブの下にはDIAMONDというデザインが施されています。

Behind-the-design-Nike-Diamond-dunk-4

TershayはNike SBとのコラボレーション今まで革命的な数々のデザインを生み出してきた当事者であると同時に、Nikeファンのひとりとしてこの記念すべき瞬間に期待しています。「自分自身にとって大好きなシューズブランドであるNikeとの経験は本当に素晴らしいこと。Nikeコレクターだからね。」と語りました。

Behind-the-design-Nike-Diamond-dunk-5

販売予定としては、まずCanary Yellow Diamond Dunk (カナリア・イエロー・ダイヤモンド・ダンク) のその大半が友人・家族限定で販売され、限られた少量だけがComplexConにも並びました。White Diamond (ホワイト・ダイヤモンド) は、スケートショップ限定で販売され、そしてBlack Diamond (ブラック・ダイヤモンド) は、2018年11月10日にてSNKRSで発売となっています。

 

出典:

Behind The Design: SB Dunk Low ‘Diamond’. Nike⁠+ SNKRS

コメントを残す