ブランド紹介 Supreme

ブランド紹介【Supreme (シュプリーム)】について

James Jebbiaによって「Supreme (シュプリーム)」はアメリカのNYから始まったセレクトショップ / ファッションブランド。特にスケーター・カルチャーを支持し、その他のカルチャーにも影響力があり世界中で絶大な人気を誇ってる。

シュプリームについて

Supreme (シュプリーム)」はアメリカのNYから始まったセレクトショップ / ファッションブランド。特にスケーター・カルチャーを支持し、またヒップホップやパンクなどのカウンターカルチャーにも影響を与え、世界中で絶大な人気を誇ってる。デザイナー、ミュージシャン、アーティスト、フォトグラファーなどからも強い支持を得ています。

ブランドのはじまり

1994年、ニューヨークにてジェームス・ジョビアが「シュプリーム」をスタート。ニューヨークのマンハッタンのスプリング通り172にあったセレクトショップ「Union NYC」のオーナーだったJames Jebbia(ジェームス・ジェビア)が、1994年4月にニューヨークのマンハッタンのラファイエット通り274に$12,000で設立たことが始まり。

創設者の話

James Jebbia(ジェームス・ジェビア)は、シュプリーム設立前はUnion NYCというセレクトショップを経営していました。そこにStussy(ステューシー)設立者のShawn Stussy(ショーン・ステューシー)が遊びに来るようになり、後に二人でNYにStussyのショップを開くことになります。当時、巷に増え始めたスケートショップのやり方に疑問を抱くようになっていたはJebbiaは、「スケートシーンはとても外部から独立しているし、排他的なところが魅力的だと思っていた」と、スケーターだけのための真のスケートショップをと考るようになります。 ラフすぎず綺麗すぎす、その中間に位置するようなもの。Supreme (シュプリーム)へのビジョンを膨らませます。

左:Stussyの設立者のShawn Stussy(ショーン・ステューシー)、右:Supremeの設立者のJames Jebbia(ジェームス・ジェビア)
左:Stussyの設立者のShawn Stussy(ショーン・ステューシー)、右:Supremeの設立者のJames Jebbia(ジェームス・ジェビア)

そうした試行錯誤の結果、ショップSupreme (シュプリーム)をオープンさせました。内装も自身で手がけ、地元のスケーターが気軽に入れるような広々とした店内には、組み立てたスケートボードを店内で試し乗り出来るような空スペースも設けていました。オープン当初のSupremeは、初代スタッフにスケーターのGIOVANNI ESTEVES(ジオ)の友達などもいて、地元のスケーターのたまり場となっていました。

supreme-new-york-shop-274-lafayette-street
NYのソーホーにある Supreme (シュプリーム)店内の様子。

KNOW WAVE/aNYthingの設立者であるAARON BONDAROFF(エーロン・ボンダロウフ)も、初期のスタッフとして働いていましたようです。ZOO YORK、SSUR、THRASHER、SPITFIRE、VANS、e’s、DC SHOES、ATM、GIRL & CHOCOLATEなどのスケーターブランドを取り扱うセレクトショップで、James Jebbia(ジェームス・ジェビア)がデザインしたSupremeオリジナルのTシャツも数点販売されていました。オリジナルデザインのTシャツが人気を博したことで、James Jebbia(ジェームス・ジェビア)がデザインしたTシャツ以外のオリジナルアイテムも徐々に増えていきました。

「シンプルでクリーンなもの、当時の人が思いもしないような服を作っていた。僕は服を作るときは、自分が”着たい”と思うものしか作らない。」—- James Jebbia(ジェームス・ジェビア)

と語っていました。スケートボードショップにありがちな暗くてゴチャゴチャした内装ではなく、高級ブティックをイメージした高い天井と真っ白な壁の内装で、スケーターのためのショップとして、スケートボード・カルチャーの中でも支持されるようになります。

ブランド名について

Supremeを日本語に直訳すると「最高、最上、至高」という意味です。Supremeのブランド名は、設立者のJames Jebbia(ジェームス・ジェビア)とJebbia (ジェビア) が当時付き合っていた彼女が、紙にいろんな言葉を書き出して「Supreme」という言葉が出たとき「それいい感じだな」という感じで決まったそうです。

ブランドロゴについて

シュプリームのロゴデザインの元ネタは、アメリカの女性アーティストのバーバラ・クルーガー(1945年1月26日生まれのアメリカニュージャージー州出身の女性アーティスト)の作品である、フランスの哲学者ルネ・デカルトの名言「I think therefore Iam(我思う、ゆえに我あり)」のパロディアート「I shop therefore I am(我買う、ゆえに我あり):1987年作品発表」であります。

supreme-world-famous-history

James Jebbiaが、バーバラ・クルーガーの本をデザイナーに見せて、複数パターンのロゴデザインを作成しました。元ネタであるバーバラ・クルーガーの作品とSupremeのロゴは共にFuturaというフォントを使用しています。

supreme-world-famous-history-1

ブランドの現在

2017年の時点で、ニューヨークの他にロサンゼルス、パリ、ロンドン、東京(渋谷・原宿・代官山)、名古屋、大阪、福岡とオンラインでショップを展開。

カニエ・ウェストエイサップ・ロッキードレイクトラビス・スコットファレル・ウィリアムスジャスティン・ビーバークリス・ブラウンナズショーン・コムズデビッド・ベッカムネイマールなどの世界的に有名なミュージシャン、アーティスト、セレブ、スポーツ選手にも愛され、世界中の多くの人々に愛用されています。

 


出典 / Reference :
GOD MEETS FASION「これで君もSupreme博士!Supremeの歴史、豆知識をまとめてみた!」
FASHION PRESS 「Supreme シュプリーム」

コメントを残す