close
特集NEW

【#BlackLivesMatter】黒人差別問題とスニーカー業界の声明まとめ

Nike_statement_on_blacklivesmatter_2020
photo via Nike.com

黒人男性のGeorge Floyd (ジョージ・フロイド)さんが、白人警察官に8分以上もの間、膝で首を圧迫されて殺害されるという残酷な事件….

今、世界各地で怒りの抗議活動が行われています。

広がる「#Black Lives Matter」運動の様子 (Black Lives Matter Rally Photo by Jalani-Morgan-from-cinematronix)photo via : Cinema Tronix

長い年月の間、いつまでも終わらない人種差別的な警察の暴力社会の不平等怒りの声を上げる運動が更に大きくなっています。

そんな中数々のスニーカー企業有名ショップコラボレーションやデザインで貢献してきた著名人達も、次々とこの黒人差別反対運動をサポートする声明を発表しています。

スニーカーカルチャーブラックカルチャーは切っても切れない関係にあり、アフリカ系アメリカ人のコミュニティーなしには、今の発展と成長は語れません。

その貢献度は計り知れず、それだけに、また、だからこそ

スニーカーを愛する者として黒人の人達に家族同然の友人がいる者として、世界の平和を乞う者として、Sneaker Girl (スニーカーガール) は人種差別に反対します。

そして、世界で起こる様々な声や活動と共に、黒人差別と人種差別問題についてお話しし、この記事を読んで頂く皆さんにも、人種差別に反対する大切さをお伝えできればと願います。


ジョージ・フロイド事件について

アメリカ合衆国ミネソタ州ミネアポリスで、アフリカ系アメリカ人 George Floyd (ジョージ・フロイド)さんが現地時間5月25日 (月) 、白人警察官8分46秒もの間、膝で首を圧迫され、殺されるという残酷な事件が起きました。

事件の経緯

フロイド氏の行きつけだったデリ(アメリカ版のコンビニ)の店員が、当時、タバコを買おうとした20ドル札が偽札だったのではないかという疑いで警察に通報。17分後に警官が到着。

駆けつけた当時警察官の1人であった白人男性 Derek Chauvin(デレク・ショーヴィン)が、ミネアポリス警察の方針にも背く行為と判断される一連の行動を起こし、フロイド氏を死に至らしめました。

「息ができない」「動けない」「お願いだ。。。」とフロイド氏が何度も訴えても、顔が青ざめても、周りの目撃者が止めろを訴えても、ショーヴィン元警官はその膝を動かす事なかったのです。

 

George Floyd (ジョージ・フロイド)氏について

フロイド氏は、テキサス州ヒューストン出身の46歳の男性でした。

george-floyd-minnesota
photo via RA

地元ヒューストンではアメリカンフットボールやバスケットボール選手として活躍した経歴があり、元NBAのスタープレイヤーのStephen Jackson (スティーブン・ジャクソン)氏とも旧友で、亡くなるまで親交がありました。

また “Big Floyd(ビッグ・フロイド)”名義でラッパーとして活動した過去があり、、DJ Screw (ヒューストンの伝説的DJ)のトラックにも参加したことがあるそうです。

亡くなる数年前にミネアポリスに引っ越し、トラックの運転手をしたり、警備員やクラブのバウンサー (セキュリティー)として働いていましたが、事件当時は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で仕事はできていなかったといいます。

フロイド氏は、身長約2メートルもある大柄で、その体格なだけにケンカ腰であるという誤解をされる事もあったようですが、本人は優しくて愛情深い人柄であったと、多くの友人や親族は語っています。

George_Floyd_Mural_Flowers
photo via kicks starter

Black Lives Matter / ブラック・ライブス・マターという運動

#BlackLivesMatter とは、「Black (黒人) Lives (命) Matter (価値)」つまり、

黒人の命には価値がある

という意味です。

Black Lives Matter_
photo via GQ Japan

黒人であるというだけの理由でその命が軽視され、その人権が侮辱され、被害を受けた人達ののための正義が果たされないことに対しての怒りを表明し抗議する大規模なデモが、何度も繰り返されています。

特にここ10年の間によく叫ばれているのがこの「Black Lives Matter ブラック・ライブス・マター」というメッセージ。

BLACK-LIVES-MATTER-PHOTOPHOTO VIA GQ JAPAN

2012年に起きたTrevon Martin (トレヴォン・マーティン)という当時17歳だった少年が、丸腰だったにも関わらず不当に射殺された事件が無罪となった事をきっかけに、3人の黒人女性により始まった、黒人中心の政治的決意とムーブメントを築き上げるプロジェクトの名前でもあります。(「Black Lives Matter」プロジェクトの公式サイトはこちら

Black Lives Matter Websitephoto via Black Lives Matter

1950年代から60年代にかけて行われたキング牧師やマルコム・Xなどの黒人リーダーによる公民権運動後も、黒人に対する人種差別がなくなるわけではなく、オバマ大統領という初の黒人大統領が誕生しても、2020年という現代に至っても、警察による黒人への暴力や殺人行為はなくなりません。

BLACK LIVES MATTER_WOMAN
PHOTO VIA @jordanmfields on Instagram

 


スニーカーカルチャーとブラックカルチャー

Michael Jordan (マイケル・ジョーダン) とそのシグネチャーモデルのジョーダンスニーカーの数々だけをとっても、既にスニーカーと黒人の人達を切って話せない事は明らかです。

また近年では、バスケットボール選手と同じくらい、黒人のラッパーもスニーカーブランドとのコラボ契約を交わすようになりました。

ヒップホップの始まり、ブレイクダンスの台頭から、Run D.M.C.、NAS、Tribe Called Quest、2PAC、Nelly、Jay-Z などの音楽の歌詞に登場したり、黒人の人達にとってストリートやパーティーでどんなスニーカーを履いているのかが大事だというのは周知の事実で、スニーカーの存在はブラックカルチャーにとって最も重要な要素の一つと言えます。

MCLyte_NikeCourtForcephoto via Hayabusa Magazine

また、こういった関係性がジョーダン4ジョーダン5などといったスニーカーのデザインに影響を与えたという事実もあります。

また、スニーカーカルチャーに関する本 “Sole Food: Digestible Sneaker Culture (ソールフード)  の著者、ジョンソンCスミス大学のジェマイン・ラバー・キング教授は、黒人の歴史月間の企画として掲載されたFootwear News(フットウェアニュース)の記事によりますと、

現代のスニーカーカルチャーは、1960年代の公民権運動やベトナム戦争反対運動などのデモや抗議活動の裏で生まれたサブカルチャーの台頭に起因し、その後70年代に起こったHip Hop (ヒップホップ)というムーブメントを通して急成長し続けたといいます。

Jemayne King By Jonathan Cooper
photo via : charlottemagazine.com

「スニーカーカルチャーは、アフリカ系アメリカ人という、社会の中でなかなか声の届かない者たちにとっての自己表現の形となるまでに進化していったのだ。持っているスニーカーが少なかったとしても、ある特定のブランドを持っていたら、それだけでも様々なメッセージを伝え、意味することができた。」

とあります。

スニーカーは、ブラックカルチャーにとってただのシューズではなく、切ってもきれない関係であり、黒人の人達の自己表現やアイデンティティーを司る象徴的な役割も果たしているのです。


スニーカーコミュニティーからの人種差別反対の声

ファッション業界・音楽業界・スポーツ業界・エンターテイメント業界など多方面において、ブラックカルチャーにより支えられ、繁栄してきた企業や著名人達が、この問題に反対する声を上げ、「本当の変化」が訪れるまで共に戦う様世界中に呼びかけています。

スニーカー企業の声明

Nike &Converse (ナイキ & コンバース)

「一回でも。やるな。
アメリカに問題は何もないというふりをするな。
人種差別から目を背けるな。
無実の命が我々から奪われることを受け入れいるな。
もうこれ以上、言い訳はするな。
これは自分に関係ないなんて考えるな。
沈黙し、傍観するな。
変革の一部に自分はなれないなんて思うな。
さあ、みんなで、変革の一部になろう。」

Adidas (アディダス)

スニーカー業界の中では、ライバル企業としてそのシェア競争を繰り広げるアディダスも、ツイッター投稿で、ナイキの投稿を引用RT。

Together is how we move forward. ⁣Together is how we make change
(協力することで前に進むことができる。協力することで変革を起こすことができる)

と、人種差別問題は、ライバル同士も競争の垣根を超え、世の中が一致団結して共に戦う重要性を伝えています。

Reebok (リーボック)

Adidas (アディダス) 傘下のREEBOK (リーボック) も同様にコメントを発表しています。

「ブラックコミュニティーなしに、リーボックは存在しない。アメリカも存在しない。私たちは、靴を買ってほしいと頼んでいるわけではない。”他の人の靴を履いてみてほしい” (英語でよく使われる比喩表現で、他の人の立場に立って考えろという意味)  と頼んでいるのだ。共に団結して立ち上がるために、人類が皆共有できる目標に辿り着くために」

Puma (プーマ)

「我々は行動を起こさなければいけない!」というメッセージを掲げています。

また、Pumaはミネソタ・フリーダム基金 (有色人種や移民が白人に比べて逮捕率が高くより厳しい判決を受けがちであることや、また保釈金の金額も高く設定されているという不平等を是正するために設立されたファンド。) を支援すると発表しています。

Vans (バンズ)

「私たちの家族に、憎しみや偏見の入る場所はありません。私たちはブラックコミュニティーとブラックライブズマター(という理念)と結束を固めています!」

“そして、私たちは人種差別を解体する義務があり、変革を起こし、この重みを抱えることを共にするのです。これからもたくさん学ばなければならないことがあり、ブラックコミュニティーの皆さん一人一人をサポートする為の方法を、内外から見つめ直し続けなければなりません。”

という声明のバンズ。

NAACP をはじめとした各団体に寄付をしています。

** NAACPとは、National Association for the Advancement of Colored People, NAACP の略称で、全米黒人地位向上委員会の事。

New Balance (ニューバランス)

「今日、私たちは沈黙することのできない問題について どう提唱すればいいかを探しています。アメリカ全土や世界中にある有色人種のコミュニティーが日々直面している永久的な不平等や恐怖と共に生きることなど、どんな人間でもすべきではありません。私たちは、ジョージフロイド氏や多すぎる他の犠牲者の方々の不当な死に対して、正義が下される事を求め、世界中の全てのニューバランス従業員やアンバサダーやアスリートと一丸となって団結します!」

また、全てのニューバランス・パートナーやコミュニティーの人々に、言葉だけではなく、平和的行動で示す事をお願いしています。

「まずは、ジョージ・フロイド氏の正義が下される為の署名に参加する事から始めましょう。」という呼びかけもしています。

View this post on Instagram

Not just words, but peaceful action.

A post shared by New Balance (@newbalance) on

Saucony (サッカニー)

「我々人類は、全てのコミュニティーで、全ての歩みにおいて、全ての歩幅と共に、人類の魂に力を与える為に存在しています。そして、今、我々のコミュニティーは苦しんでいます。我々は世界をバラバラに分裂させているこの人種の不平等に、苛立ち、心を痛め、そして怒っています。」

View this post on Instagram

No caption needed.

A post shared by Saucony (@saucony) on

 


スニーカーショップの声明

Sneakersnstuff

日本にあるスニーカーショップでは唯一コメントを発表し、また日本語による声明を出しています。

Round Two

ラウンドツーは、路面店がかなりひどい暴動の被害に合いましたが、人種差別に断固反対し、ブラックコミュニティーを賞賛し感謝するメッセージを発しています。

Supreme

シュプリームもブラックコミュニティーへの感謝と人種差別反対の意を表し、5000万円相当を4つの団体に寄付をすると伝えています。

Stussy

 

stussy-end-racism-t-shirt
photo via Hypebeast

STÜSSY(ステューシー)の“END RACISM TEE”とプリントされたチャリティーTシャツ。

ブラック、ホワイトの2色展開で、Tシャツの売り上げは、「Black Lives Matter」と「Equal Justice Initiative」に全額寄付される。

Bait

View this post on Instagram

“It is compassion rather than the principle of justice which can guard us against being unjust to our fellow men.” – Bruce Lee We are all in this together. AT BAIT, we recognize the injustice and racism in America and stand united in our values and beliefs to fight discrimination and hate. We wanted to have a conversation with our staff internally about our core values before making a statement here on social media as we recognize we have a large voice. Make no mistake, we will not tolerate hate and injustice. We also wanted to say we truly appreciate all the support throughout the years and kind messages from the community after this weekend's past events. We stand with you and will continue to stand with you. #blacklivesmatter #justiceforgeorgefloyd #ahmaudarbery #breonnataylor

A post shared by BAIT (@baitme) on

Urban Necessities

View this post on Instagram

@urban_necessities was built on all walks of life coming together.  And much of what we love and what we have learned is inspired by black culture.  UN wouldn’t exist without the contributions and support from the black community.  We mourn for George Floyd, Breonna Taylor, Ahmaud Arbery, too many others that have lost their lives, and the families they have left behind. The world around us is unsteady, uncertain, and unfair.  We are worried about and don’t agree with the violence and destruction we are witnessing across our country. But we stand with every person fighting for justice. We stand with each and every one of you fighting to stop the killing of innocent black lives and are desperate to be heard. We hear you. Until further notice, we have emptied out our store and are suspending all operations in-store and online. We are praying for everyone’s safety and want to be a part of a solution.  All lives don’t matter until black lives matter. #theUN

A post shared by the U.N. (@urban_necessities) on


人気スニーカー・リークアカウントの声明

Py_Rates


スニーカーカルチャーに影響を与えた著名人の声明

Michael Jordan

View this post on Instagram

A statement from Michael Jordan:

A post shared by Jordan (@jumpman23) on

Virgil Abloh

View this post on Instagram

humanity needs our ideas the most

A post shared by @ virgilabloh on

Travis Scott

Melody Ehsani

Aleali May


スニーカーカルチャーに関係深い日本の著名人の声明

King Masa

View this post on Instagram

Black History Month Air Force 1Promo Sample ! – I fee you caz I got treated like shit when I went to AUS and USA. We are all equal ! We should respect each other’s cultures and communities ! We should treated as same ! We are all same human being ! We are the one ☝️ – 僕自身もアジア人だからと人種差別を受けた事がある。だから気持ちは良く分かる。 人種、国籍なんて関係ない! だから僕自身は世界の色々な国に行ってカルチャーを学んだり、ブランドでは人種関係なくモデルを起用したりしています! – 同じ人間なのでみんなが平等に扱われるべき! love and peace ☮️ – #blacklivesmatter

A post shared by KING-MASA (@kingmasa2014) on

青山テルマ

View this post on Instagram

私が連日ストーリーで声を上げ続けた事をこのポストで改めてお話したい🌼 . みんなに何故今世界で色んな人が「black lives matter」と声を上げているかお話します。 . 今アメリカ・世界で起こっている「人種差別・黒人差別」の問題は 長い歴史がある。400年前からのお話。 けど2020年になった今もこの問題と戦っている人が大勢いる。 . 黒人は産まれてきた瞬間から肌の色が違うからという理由だけで、 絶対バスの後ろに座らないといけない。トイレも水を飲む場所もプールも白人とは別々。 国から入ってくるお金も少ない。住めるエリアも決められてる。教育も受けれない人が多い。渡される教材も違う。レストランも「黒人お断り」というサインが書かれていたり。 産まれてきた瞬間から決められたルール・システムに従って生きてきた。 もちろんそこからはゆっくりと良くなってきたが、 100年前まで黒人と白人が結婚する事、性的行為も許されて貰えなかった。 . そこから考えたら「今」はましなのかもしれない。 けど未だに「黒人だから」と警察に無罪な人が殺されたり、国から与えられる教育もまだまだだし、お仕事のオファーもやはり白人よりは少ない。…etc . 確かに私達のおじいちゃんおばあちゃんが住んでいた時代よりかは遥かに生きやすくはなっているはず。(そう信じたい)けど未だに、2020年、私がこれを書いてる今現在、「差別」に対して泣いてる人がいる。 . “ALL LIVES MATTER”(全ての命に価値はある) 本当はそう叫びたい。そう叫べる地球になってほしい。 けどだとしたら何故黒人だけ同じ自由がないの?という意味で 今は”BLACK LIVES MATTER”とみんな声を上げている。 . これは「トレンド」でも、 私の「信念」でも無く、 「歴史」であり 「真実」なんです。 . 私は1/4黒人 3/4日本人です。 アメリカでも日本でも差別を受けてきました。 日本に居た時は「国に帰れよ」と電車の中で叫ばれるのなんて日常茶飯事だったし、 親戚にも「テルマは黒人で、ブスやし、将来どうすんねん」と言われたのも鮮明に覚えている。 (今は黒人でブスな私も夢を叶えれたからその親戚とは仲良くしているけどねw。強くしてくれたのも事実だし。) じゃーアメリカに行ったら私は「アジア人」だからFOB(アジア人に対しての差別用語)と叫ばれる。 . 私が言いたいのは私がどれだけ傷ついてきたかではない。 私は一度も自分を「可哀想」だって思ったことは無い。 . けどこの「黒人差別」のニュースを見ると悲しくなるし、今はスマホやsnsがある時代だから声を上げて、ちょっとでも歴史が変わったら最高だし、 知らないみんなにちょっとでも理解して貰えたらすっっごく嬉しいと思ってこれを書いてます🌎❤️ 「ここに寄付して」「これをサインして」とも言わない。 ただ自分を教育するのは何歳であっても大事な事:) だからちょっとでも考えてみたり、調べてみたり、誰かと話し合ってほしい。 私ももっと勉強する❤️ . 「日本にいるから関係ない」では無く、みんなが今聴いてる音楽、ファッション、ヘアスタイル、アートも辿ったら全てブラックカルチャーから来ているの。 だから「関係無く」は「無い」。 . これを読んでるあなたの肌の色も、住んでる国も関係無く、みんな地球人だから。 きっと先祖を辿ればあなたも私も兄弟だから。 ♡ I LOVE YOU SO MUCH. 🌎❤️✊🏿✊🏾✊🏽✊🏼✊🏻✊❤️🌎 愛の方がうるさい世界にしよう . Ps コメント欄は閉じてます。それは私に伝えたい気持ちを身近の友達や家族とシェアして欲しいからです❤️ Educate yourself&others. Think about it.

A post shared by Thelma Aoyama 青山テルマ (@thelmaaoyama) on

 


日本の Black Lives Matter 運動

日本にもBlack Lives Matter の活動をする団体があり、平和的マーチを敢行し、集会にて意見やメッセージを伝えています。

@blmtokyojp (Black Lives Matter 東京/関東圏)

View this post on Instagram

These lovely posters have been created diligently by our design team. You may print them to bring for yourself or to share with your friends. You are not required to use these posters. If you wish to make your own, these are good ideas for slogans and themes. A longer list is still in the works and will be made available when ready. blacklivesmattertokyo.carrd.co/#posters これらの素敵なポスターは、私たちの熱心なデザインチームによって作成されました。ご自身で印刷してお持ちいただいても、お友達と共有していただいても構いません。 これらのポスターを使用する必要はありません。ご自分で作りたい方は、スローガンやテーマをぜひ参考にしてください。 スローガンのリストはまだ作成中です。準備ができ次第みなさんに共有します。 blacklivesmattertokyojp.carrd.co/#posters • • • • Designers @louixa @mikadotpsd (Twitter) @jaime.in.japan @memiartnyc

A post shared by Black Lives Matter: TOKYO (@blmtokyojp) on

@blmkansai (Black Lives Matter 関西圏)

@blmokinawa (Black Lives Matter 沖縄)

6月14日のマーチの様子:

View this post on Instagram

From Today’s #blmtokyomarch #blm東京行進 ⚡️Proud moment of Japan coming together for one purpose. Also big up my fam Mance with his beautiful finishing speech @cameramance_work 😭👏 Police said we had over 3500 people marching but from what I saw (as someone who deals with crowds) i would say it was around 10000people🧐 ⁉️ Thank you all for showing up, and let’s all keep showing up. let’s keep the rhetoric going!!!   東京都でも今日平和なマーチがあり、参加させていただきました。馴染みのある顔も沢山で、色々な人種、年齢、性別の方達が集まった何ともあたたかい行事でした。警察によると3500人が参加したという報告らしいですが、DJの視点では、1万人ぐらいに見えましたけど😅これで終わりではありません。一緒に会話を続けて意識、知識をどんどん高めていきましょう🙏‼️  #blacklivesmatter #blmtokyomarch #blm東京行進 #georgefloyd #icantbreathe #icanbreathe #mancethompson #blmmovement #ジョージフロイド #人種差別 #人種差別反対

A post shared by SARASA (@djsarasa) on

 


「Black Lives Matter」はこれからも続く。全員が勝つまで

アメリカだけの問題ではない黒人への人種差別問題

大坂なおみ選手や八村塁選手、歌手のKrystal Kayさんや青山テルマさん、お笑い芸人のアントニーさんなど、日本にも「アフリカ系のバックグラウンドを持った日本人」がいることは、周知の事実で、有名人ではなくてもアフリカ系日本人の人に会う事は必ずあります。

日本にも、アフリカやアメリカやその他の国々からの移ってきたり、日本で生まれ育った”日本人”。

彼ら/彼女らが日本にて、日本人の心を持ち、日本人として生活しているのに、肌が黒いからという理由で差別される様な事があるとしたら、それは人種差別といえます。

だから、黒人差別はアメリカやアフリカだけの問題ではありません。

もし、自分たちは関係ないと思うことがあったとしたら、「Black Lives Matter」というメッセージやムーブメントを通して、一度向き合っていただきたければ、この運動が広がり問題が解決する事は、世界の不均衡や不平等を大きく解決する事にもきっと繋がります。

Nike (ナイキ)が「#UntilWeAllWin = Until We All Win (皆んなが勝つまでは)」と付け加えている様に、世界中皆んながこの問題に勝つまで。

 

ーーーーSneaker Girl編集部

 

 

 

日本からも黒人に対する人種差別に反対する運動を支援できる団体リスト

The Minnesota Freedom Fund

「有色人種や移民が白人に比べて逮捕率が高く、より厳しい判決を受けがちであること、また保釈金の金額も高く設定されている」という不平等を是正するために設立されたファンド。

Reclaim the Block

ミネアポリス市の市議会議員と地元コミュニティによって2018年に設立された団体。警察署に割り当てられている市の予算を、地域住民の安全と健康を促進させる部門への予算に移動させようと呼びかけている。

Black Visions Collective

黒人LGBTQ+主導のチャリティ団体。ミネソタ州で「強力なキャンペーンの先頭に立つ黒人リーダーシップ」の育成を目的としている。

George Floyd Memorial Fund

ジョージ・フロイドの姉によって設立されたファンド。寄付金は、葬儀や裁判の費用に当てられる。

NAACP(全米有色人種地位向上協議会)

「人種に基づく差別をなくすために、政治的、教育的、社会的、経済的な権利の平等を確保することを使命とする」団体。

SPLC(南部貧困法律センター)

「訴訟、教育、および他のアドボカシー(権利擁護)」をもちいて人種的ヘイトや偏見に取り組んでいる。

Black Youth Project 100

黒人の若いアクティビストたちによる組織。すべての黒人のための正義と自由を目指している。

Stop Hate UK

スティーブン・ローレンス殺害事件を受けて1995年に英国で設立。人種差別による犯罪やハラスメントの被害者へのサービスを提供している。

Show Racism The Red Card

教育的なワークショップやトレーニングセッションを通じて人種差別に取り組むことを目的とした、英国の反人種差別教育チャリティ団体。

The Black Women’s Health Imperative

黒人女性たちが中心となって設立されたアメリカの組織。「黒人女性と女児の健康を守り、向上させること」を目標としている。

The National Black Women’s Justice Institute

研究、技術・公教育の支援、市民参加の促進、情報に基づく効果的な政策を提唱することにより、「(黒人女性やその家族に影響を与える)司法における人種的およびジェンダー的格差を是正すること」を目的としている。

The Black Alliance for Just Immigration

アフリカ系アメリカ人と黒人移民のコミュニティを教育し、「人種的、社会的、経済的な正義のために組織化させ、そうした主張を擁護していく」ことを目指している。

The Movement for Black Lives

「黒人の権利・認識・リソースを獲得するために、共通のビジョンと政策アジェンダを作成している」個人や組織からなる複合団体。

Undocublack Network

滞在許可書を持たない黒人移民のためのネットワーク。コミュニティを育成し、資源へのアクセスを促進している。

The National Bail Out

黒人主導の組織者、弁護士、活動家からなるコレクティブ。公判前拘留や大量収監の制度廃止を目指している。

 


 

出展:

New York Times:「8 Minutes and 46 Seconds: How George Floyd Was Killed in Police Custody」

AFPBB News:「心優しい大男」 警官に首押さえられ死亡した黒人男性の素顔

Huffpost Japan :「亡くなったジョージ・フロイドさんはどんな人だったのか《黒人男性死亡事件》」

Black Lives Matter公式サイト

Footwear News : Black History Month Op-Ed: The Evolution of Sneaker Culture

Complex : A Power Ranking of Rapper Sneaker Collaborations

Real Sound : “スニーカーカルチャー”を捉えたブラックムービー『キックス』

GQ JAPAN :「黒人のいのちは大事だ」(BLACK LIVES MATTER)対「みんないのちが大事だ」(ALL LIVES MATTER)の言い合いをきっかけに、おもったこと

Tags : アディダスオフホワイトコンバースジョーダンスニーカーナイキニュースニューバランスブラックカルチャープーマメロディー エサニリーボックヴァージル・アブロー特集featuredSneaker
Sneaker Girl

The author Sneaker Girl

Sneaker Girl編集部です。 国内初で唯一!女性の為のスニーカー&ファッション情報を発信してます。NYと神戸を拠点に活動中! 編集スタッフ2名、ライター2名、モデル3名、動画制作スタッフ1名。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。