ドリスヴァンノッテンのビューティライン始動でリップや香水を展開!かわいすぎるパッケージに熱視線

ドリスヴァンノッテンのビューティライン始動でリップや香水を展開!かわいすぎるパッケージに熱視線 via DRIES VAN NOTEN
DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)からブランド初となるビューティラインが誕生。
ファッション感覚で楽しめるかわいいリップやドリス自身のルーツから着想を得て開発されたフレグランスなど、ディテールにまでこだわり抜かれたアイテムがラインアップしています。
INDEX

ビューティラインが誕生

via Wallpaper

DRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)初のビューティラインがローンチ。

オードパルファム10種類やオードコロン2種類、リップスティック30色に加え、クリーム、コーム(櫛)、せっけんなど雑貨までラインアップしています。

ビューティアイテムは、異なるカラーやプリントを組み合わせて、ファッションデザインと同じ発想によって誕生。

フレグランスやリップスティックともに、カラフルなパッケージが特徴的で、これまでファッションショーやキャンペーン撮影などでもメイクを学んできたというドリス ヴァン ノッテンならではのデザインに注目が集まっています。

フレグランス

デザイナーのDries Van Noten(ドリス・ヴァン・ノッテン)にとって、幼少期から馴染みの深かったという“香り”。

フレグランスでは、ドリスの愛する花や庭園で嗅覚を通して得られる感覚や感情を表現しています。

インターナショナル・フレバー・アンド・フレグランスやジボダンなど、さまざまな香料メーカーの調香師を自身の自宅やガーデンに直接呼び、共に完成まで進めたというこだわり。

カンナビスとパチョリ、ローズマリーとパチョリなど、他のブランドではあまり見られない意外な組み合わせにもこだわったというフレグランスは、インスピレーションを掻き立てるような多様な香りが楽しめます。

リップスティック

メイクアップに対して「単なる最終結果ではない」と語るドリスは、リップスティックの開発にあたってジェスチャー、習慣、ツールにも重要視したといいます。

サテン15色、マット10色、シアー5色に加えてクリアバームまで揃うバリエーション豊富なテクスチャーを展開。

さらに詰め替え可能の4種類のケースは、アーカイブのファブリックからインスパイアされ、色や柄、素材に至るまでこだわりを感じる洗練された雰囲気を放っています。

実際に使ったあとだけでなく、唇に乗せる瞬間、リップを手に取る行動からも特別感を感じられるアイテムに仕上げられています。

サスティナブルな取り組みも

ビューティラインの生産にあたって、“サスティナビリティ”も開発の大きなポイントとして取り組まれています。

パッケージには、リサイクル可能なガラスやアルミニウムなど、持続可能な方法で管理された材料を資源として使用。

フレグランスとリップスティックのケースは詰め替え可能にすることで、使用後もコレクションとして楽しめるアーティスティックなデザインになっています。

85%以上を自然由来の成分で作られたフレグランスや、ローズヒップオイルを贅沢に使用したリップなど、デザインや使い心地はもちろん、その裏側にあるサスティナブルな取り組みにも心惹かれるコレクションです。

どこで買える?日本での発売は?

via Wallpaper

DRIES VAN NOTEN BEAUTYは、3月2日からアントワープ、パリ、ロサンゼルスといった一部のブティック、および公式サイトで販売開始。

公式サイトからも日本への配送は行われていないため、日本から簡単に購入することはむずかしいようです。

残念ながら、日本での発売については未定ですが、国内上陸に期待しつつ最新情報を随時チェックしていきましょう!

ドリスヴァンノッテンビューティは必見

ローンチが発表されてから、「パッケージデザインがかわいすぎる」「後にも先にもない特別なデザイン」「絶対欲しい」など、コスメ好きの間で大きな話題を集めたDRIES VAN NOTEN(ドリス ヴァン ノッテン)初となるビューティライン。

自分好みにカスタマイズ可能なケースやファッション感覚で開発された独創的なパッケージは、思わずコレクション感覚で集めたくなるほどのかわいさ。

デザインだけでなく、豊富なカラーバリエーションや多種多様なフレグランス、機能性も考えられた雑貨など、お気に入りのアイテムが見つかること間違いなしです。

編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧

あわせて読む
記事出典
編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧

コレクション感覚で集めたくなること間違いなしのビューティライン