なぜ人気!? 韓国ドラマ『イカゲーム』が世界90カ国で1位を記録した理由を解説!超人気Netflixオリジナル作品とは

なぜ人気!? 韓国ドラマ『イカゲーム』が世界90カ国で1位を記録した理由を解説!超人気Netflixオリジナル作品とは なぜ人気!? 韓国ドラマ『イカゲーム』が世界90カ国で1位を記録した理由を解説!超人気Netflixオリジナル作品とは via netflix
Netflixオリジナル韓国ドラマ『イカゲーム』が、世界90カ国で1位を記録するほどの異例の大ヒット。
作品のあらすじや見どころと合わせて、緻密に計算された美術セットや特別カメオ出演や期待の新人などバラエティ豊かなキャスト陣など、爆発的人気の理由を探ってみました。
INDEX

韓国ドラマ『イカゲーム』が世界的大ヒット

via netflix

Netflixオリジナル作品の韓国ドラマ『イカゲーム』が、世界的大ヒットとなっています。

2021年9月17日に配信がスタートしたばかりにも関わらず、日本でも異例のペースで「今日の人気TOP10」にランクインし、Netflixが配信を展開する世界90カ国すべてで1位を記録。

Netflixのテッド・サランドス共同最高経営者は「非英語圏作品の中でいちばんの大作になるかもしれない」と話すほど、空前の大ブームを記録しています。

via Tiktok

その人気ぶりはSNSでも盛り上がりを見せており、ハッシュタグ「#squidgame」とともに投稿されているTiktok動画の総視聴回数は、現時点で340億回越え。

作品をオマージュしたゲームの登場や、劇中の衣装と似ているVansの白スリッポンが売り上げ7800%アップなど、影響力も絶大です。

『イカゲーム』のあらすじ

Netflixオリジナル作品『イカゲーム』は、生きるか死ぬかのデスゲームが舞台になっています。

さまざまな理由で金銭トラブルを抱えた人が、456億ウォン(約45億円)という莫大な賞金を懸けた奇妙なゲームに参加することが物語のはじまり。

「だるまさんがころんだ」や「綱引き」など、昔ながらの遊びで、生死を分ける凄まじい戦いが繰り広げられます。

脚本も執筆したファン・ドンヒョク監督は、「ゲームそのものよりそこから“人”が見える作品であること」もドラマの魅力になっていると言及。

シンプルなストーリーながらも一筋縄ではいかない、緻密に計算された展開がカギとなっています。

人気の理由

ファン監督も実際に日本の『ライアーゲーム』や『カイジ』、『ハンガーゲーム』にも影響を受けたことを話しているように、『イカゲーム』は実際にこれまでも何度も描かれてきたデスゲームが舞台になったサバイバルストーリー。

この度、全世界で1位にランクインする記録的大ヒットとなり、韓国ドラマのなかでも脅威の人気作品になっています。

では、なぜNetflixオリジナル韓国ドラマ『イカゲーム』が、これほどまで世界中の人々を虜にしているのか、大ヒットの理由を、韓国トレンド通の編集スタッフと共に紐解いていきましょう。

圧巻の美術セット

via netflix

独創的なセットが目を引く『イカゲーム』の美術監督を務めたのは、チェ・ギョンソン美術監督。

参加者たちの現実のイメージとは相反するポップで鮮やかな色使いで、ゲーム内の未知の世界が表現されています。

チェ・ギョンソン美術監督はインタビューで、「他の作品を作れるほどデザイン案を考えた」「思いつくだけのものをすべて提案した」とも話し、作品のなかでも大きな役割を担う美術セット。

空前の大ブーム『イカゲーム』は見逃し厳禁! via netflix

また、いつも競争に負けて低い場所から見上げている参加者の現実社会での立場や、人ではなく1つの駒・馬として考えられている参加者を“商品”のように見せるベッドの配置を提案し、イカゲームの中に描かれている思想も、こういった工夫によりさらにリアルに描かれています。

俳優陣も「撮影スタジオに隠された細かいディテールが素敵だった」と話しているほど。

ストーリーだけでなく、劇中に散りばめられているこういったディテール (=”暗号”)を見つけるのも楽しさの1つといえます。

豪華キャスト・制作陣が集結

via netflix

韓国ドラマ『イカゲーム』の最大の魅力であり人気の一つは、豪華なキャスティング!

数々の名作に参加してきた実力派の有名俳優から、演技初挑戦で本作がデビュー作品となった話題の新人まで、さまざまな俳優陣が参加しています。

例えば、主役のソン・ギフン(456番)を演じた「イ・ジョンジェ」は、これまでも数々の受賞経験を持つ韓国の国民的俳優です。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by jung jae Lee (@from_jjlee)

また、今回特に話題となったモデルの「チョン・ホヨン」は、作品のなかでもキーパーソンとなり、絶大なる存在感を放ったカン・セビョク(67番)役で演技初挑戦。

その人気は瞬く間に広がり、イカゲーム出演後はインスタグラムのフォロワーが1300万人アップするまでに!

 

View this post on Instagram

 

A post shared by HoYeon Jung(Chung) (@hoooooyeony)

これまでシャネルのキャンペーンモデルに抜擢されるなど、モデル業界のなかでも地位を確立していた彼女ですが、これからの活躍にも期待したいひとりです。

さらに、世界的人気を誇るコン・ユやイ・ビョンホンが特別カメオ出演するなど、脇役までも豪華なキャスティングとなので、更なる話題を呼んでいます。

意外性の連続!?テンポの良いストーリー展開

via netflix

SNSでも

次のエピソードが待てなくて一気見した

気づいたら見終わっていた

という口コミも目立っている『イカゲーム』。

途中で見ている人を飽きさせない、次の展開が思わず気になってしまうような伏線が散りばめられており、テンポ良く進んでいくストーリー展開も魅力のひとつ。

仕掛けの秀逸さは、考察マニアも満足するといわれるほど!

劇中のなかに出てくる些細な出来事や物語に隠れされたヒントが、ストーリーをさらに盛り上げ、思わず見返したくなるようなドラマに仕上げられています。

空前の大ブーム『イカゲーム』は見逃し厳禁!

世界的大ヒットとなったNetflixオリジナル作品の韓国ドラマ『イカゲーム』ですが、今後さらに話題を呼ぶこと間違いなし!

独創的で芸術的な美術セットや、豪華なキャスティング、思わず一気見してしまうストーリー展開など、大ヒットの理由も納得のいくクオリティーの高さです。

1回目はもちろん、劇中に隠されたヒントやどんでん返しの衝撃の展開が、何度見返しても楽しめるおすすめの作品なので、まだ観ていないという方は是非早めに観ておきましょう!

編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧

記事出典
編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧