【ジェンダーに関する用語集】LGBTQ+コミュニティでも使われる用語と定義の一覧まとめ

【ジェンダーに関する用語集】LGBTQ+コミュニティでも使われる用語と定義の一覧まとめ
LGBTQ+コミュニティでも使われる用語を、定義とともにまとめてご紹介。
ジェンダーとは?レインボーフラッグって?など基本的な単語をはじめ、近年新たに誕生して使われ始めた単語まで、ジェンダーに関連する単語とその意味合いも含めて学びましょう。

ジェンダーにまつわる用語集

ジェンダー・アイデンティティ – Gender Identity

本人が自分自身の性別をどう認識しているか、自分自身が自認するジェンダー感覚。

 

レインボーフラッグ – Rainbow Flag Identity

LGBTQをはじめとするセクシュアルマイノリティの活動のシンボルとして使われている旗であり、セクシュアルマイノリティの権利やプライドを示す象徴とされているもの。

 

レズビアン – Lesbian

自分自身が女性だと自認し、女性として女性に心と体が惹かれる人。

「レズ」という呼び方にはネガティブな意味合いが含まれることがあるため、「レズビアン」「ビアン」と呼ぶことが主流。

 

ゲイ – Gay

自分自身を男性と自認し、男性として男性に心と体が惹かれる人。

英語では同性愛者を「ゲイ」と表現することもあるため、レズビアンも含めた両方を指すこともある。

 

バイセクシュアル – Bisexual

男性と女性の両方に性愛感情が向く性のこと。

 

トランスジェンダー – Transgender

出生時に割り当てられた性とは別のジェンダーを自認している人。

 

クエスチョニング – Questioning

自分自身の性自認や性指向が決まっていないセクシュアリティ。

 

クィア – Queer

あらゆる非ヘテロセクシュアル、あるいは非シスジェンダーのアイデンティティを示す総称。

クエスチョニングと同様、LGBTQ+の「Q」にあたる。

 

ホモフォビア – Homophobia

同性愛や同性愛者に対する嫌悪感や恐怖感など、否定的な感情や価値観を意味する。

 

デミセクシュアル – Demisexual

性愛者と無性愛者の中間にあり、「半性愛」と表現されることもある。

他者に対して性欲を持つことは基本的にはないものの、強い結びつきを築いた相手などに対して例外的に性欲を抱くことがあるというセクシュアリティ。

“デミセクシュアル”といっても、恋愛感情に限らず、愛情や友情、絆など、“強い結びつき”を感じる要素においてはさまざま。

 

デミロマンティック – Demiromantic

強い感情的な絆や強い信頼関係で結ばれている相手のみに恋愛感情を抱くセクシュアリティのこと。

デミロマンティックは恋愛感情、デミセクシュアルは性的欲求を、それぞれ強い繋がりを感じる相手に対し抱くものであり、両者は非なるもの。

 

パンセクシュアル – Pansexual

好きになるにあたって特定のセクシュアリティを条件とせず、あらゆる人が性的欲求の対象となり得るセクシュアリティのこと。

 

パンロマンティック – Panromantic

あらゆる人に恋愛感情を抱くことがあり得る恋愛的指向。

 

アセクシュアル/エイセクシュアル – Asexual

他者に対して性的な関心をまったく、あるいはほぼ持たない人、および性的行為への欲求が低い、または無い人。

“アセクシュアルであること”は禁欲(セリバシー):セックスを避けようとする意図的な選択とは別物。

 

アロマンティック – A’romantic

他者に対して恋愛感情をまったく、あるいはほぼ持たない人。

 

Aジェンダー/Xジェンダー – A’gender

自分はどのジェンダーでもないと自認する人。

日本では「Xジェンダー」と呼ぶこともあり、2021年にアメリカで性別欄が「男性・女性・X(どちらでもない)」から選べるようになったことから、日本で広まりつつある。

 

アサインド・セックス – Assigned Sex

出生した時点で割り当てられた性。

その人自身のジェンダー・アイデンティティと一致する場合、しない場合がある。

 

バイオロジカル・セックス – Biological Sex

生殖器官や染色体、ホルモンの身体的な特徴などによる生物学的な性。

 

シスジェンダー – Cisgender

ジェンダー・アイデンティティが出生時に割り当てられた性と一致する人。

 

ドラァグクイーン/キング – Drag Queen/King

エンターテイメントとして女性の衣装で装う男性、あるいは男性の衣装を装う女性。

ドラァグクイーン/キングであることは、その人のジェンダー・アイデンティティをあらわすものではない。

 

ジェンダーバイナリー – Gender Binary

「性別二元論」とも呼ばれ、「男性」と「女性」のふたつのジェンダーしかないという考え方のこと。

 

ジェンダー・ディスフォリア – Gender Dysphoria

「性別違和」ともいわれ、体とジェンダー・アイデンティティとの折り合いがつかない感覚。

 

ジェンダー・エクスプレッション – Gender Expression

服装や髪型、仕草、言葉遣いなどの社会的なふるまいによって外見に表現された性。

 

ジェンダー・フルイド – Gender Fluid

はっきりと自身のジェンダーを定義せず、その時々によってジェンダーが変化し、流動的にさまざまな性別を行き来する人。

 

ヘテロセクシュアル – Heterosexual

自分自身のジェンダーとは異なるジェンダーの人に肉体的、および感情的に惹かれる人。

 

ヘテロノーマティヴィティ – Heteronormativity

すべての人が異性愛者だとする考え方。

男女別のトイレのみが設置されていることや、女性に見える人に「彼氏はいる?」と尋ねるなど、制度的・社会的にもあらわれる。

編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧

編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧