日本を代表するスポーツブランド【Mizuno|ミズノ】スニーカーの特徴や歴史を徹底解説

日本を代表するスポーツブランド【Mizuno|ミズノ】スニーカーの特徴や歴史を徹底解説 via Mizunoshop.net
日本発祥のスポーツブランドとしての世界にその名が知られている「Mizuno (ミズノ)」。海外のコアなスニーカーファンからも注目されているいます。

近年では人気アーティストやブランドとのコラボモデルも発表したり、トレンドファッションに合う斬新なデザインでもさらに注目を集めています。

プロのスポーツ選手の高いパフォーマンス力にも対応できる機能性を搭載したスポーツシューズの開発を、長年手がけてきたMizuno。

そんなMizunoのブランド紹介やスニーカーの特徴、代表的なモデルから注目のコラボレーションなど、Mizunoの魅力をまとめてご紹介しています!

Mizunoについて

ミズノは、良質なスニーカーを提供している日本発のスポーツブランド。

現在では、幅広い競技において世界で活躍するアスリートをサポートしています。まずは、ミズノの歴史とロゴマークについて見ていきましょう。

歴史について

ミズノ 歴史 about_mizuno_history via Mizuno

ミズノは、1906年に洋品雑貨や野球ボールなどを販売する水野兄弟商会として創業しました。

1910年に、創業者の出生地にちなんだ美津濃商店へと社名変更。このときに名付けられた「美津濃」は現在の社名「美津濃株式会社(1942年~)」へと引き継がれています。

1938年に、業界に先駆けて科学研究所を設置した点も見逃せない出来事です。

Mizunoのシューズ開発とテクノロジーへのこだわりは、1991年の100m走世界記録樹立へとつながります。

現在では、活動拠点をヨーロッパ・北米・アジア・オセアニアへと広げ、ミズノのスポーツ用品は世界中で評価されているといえるでしょう。

ロゴについて

ミズノ ロゴ about_mizuno_logo via Mizuno
ミズノ ロゴ about_mizuno_logo-2 via Mizuno

ミズノを象徴するロゴマークといえば、鳥のような造形の「ランバード」です。

元々はシューズ専用のロゴマークでしたが、あらゆる競技でシューズを使用するため2006年からミズノを象徴するロゴマークになりました。(現在は、MLCラインなどで旧Mロゴも使用しています。)

ランバードが誕生したのは1983年。2代目社長の水野健次郎氏が掲げたコンセプト「惑星の軌道」をもとにデザインしたところ、鳥が走っているように見えたためランバードと名付けられましたそうです。

Mizunoスニーカーの魅力について

ミズノのスニーカーは、機能性が高いうえフィット性も優れているため、アスリートだけでなく一般ユーザーからも支持されています。

ミズノのスニーカーの優れている点を詳しく解説します。

「ミズノウェーブ」に代表される高い機能性

「ミズノウェーブ」に代表される高い機能性 about_mizuno_mizuno_wave via My Kicks

ミズノのスニーカーは、さまざまなテクノロジーを搭載しているため非常に機能が高いと評価されています。代表的なテクノロジーといえるのが、主にランニングシューズやウォーキングシューズのかかと部分に搭載されている波形プレート・ミズノウェーブです。このテクノロジーは、高次元で両立したクッション性と安定性により膝や腰にかかる負担を軽減してくれます。このほかにも、高反発ソール素材・ミズノエナジーなど、ミズノはさまざまなテクノロジーをスニーカーに搭載しています。

日本人の足に合うフィット性

日本人の足に合うフィット性 about_mizuno_footbase via Mizuno公式

ミズノのスニーカーは、日本人向けにJIS規格に基づくこだわりのシューズ設計を行っているため、日本人の足にフィットしやすいといわれています。

例えば、足の横幅表示だけでも「スーパーワイドフィット」「ワイドフィット」「スリムフィット」を用意しています。

履き心地のよいスニーカーを選べる点もミズノの魅力です。

確かなモノ作り

スニーカーの品質が非常に高い点もミズノの特徴といえます。高品質なスニーカーを作れる理由は、アスリート用のシューズを製造している工場で熟練の職人が手仕事を交えながら靴作りを行っているから。

創業者・水野利八氏のモットー「ええもん作りなはれや」は現在も受け継がれています。

ミズノを代表する人気スニーカー

競技用のイメージが強いミズノですが、最近ではトレンドに敏感な女性が思わず履きたくなるレディーススニーカーなども続々と投入しています。

ミズノのスニーカーは、機能性だけでなくファッション性も高いといえるでしょう。ミズノを代表する人気スニーカーを紹介します。

WAVE RIDER 10

ウェーブ ライダー 10 about_mizuno_wave-rider-10 via Mizuno

1997年から続くWAVE RIDERシリーズ10作目にあたるスニーカー。ソールにクッション性と安定性を兼ね備えたミズノウェーブ、スムーズな体重移動を実現するスムースライドコンセプトを搭載しています。

SKY MEDAL

スカイ メダル about_mizuno_sky-medal via Mizuno

1980~1990年代初頭に人気を集めたランニングシューズシリーズ「メダル」の中でも特に人気が高かったモデル。シューズとの一体感を高めるインターナルソックフィットシステムを採用している点が特徴です。

WAVE PROFECY

ウェーブ プロフェシー about_mizuno_wave_prophecy_ls via Mizuno

ランニングフラッグシップモデルを、アッパーパターンやソールを維持しつつタウンユース仕様に再構築したモデル。機能性だけでなくファッション性も重視したい人におすすめです。

WAVE MUJIN TL

ウェーブ ムジン about_mizuno_wave-mujin-tl via Mizuno

2000年代のアッパーデザインと最新のソールを組み合わせたモデル。ミシュラン製のラバーソールをアウトソールに使用しています。

SCHOOL TRAINER(MLCライン)

スクール トレーナー about_mizuno_school_trainer via Mizuno

カジュアルファッションに合わせやすいデザインとスポーツメーカーならではの履き心地にこだわったMLCラインから誕生したモデル。1970~1980年代に使用されていた体育館シューズをモチーフにしています。

人気ブランドとのコラボレーションモデル

ミズノは人気ブランドや人気アーティストなどとコラボしたスニーカーを販売しています。ミズノがコラボしてきたブランドなどは次のとおりです。

 

・空山基

・24KARATS×ミタスニーカーズ

・MTXIX×ももいろクローバーZ×ミタスニーカーズ

・beautiful people

「空山基」コラボ

人気アーティスト・空山基氏とのコラボで誕生したのが、半透明のアッパーと空洞のあいたソールを特徴とするWAVE PROPHECY SORAYAMAです。

「24KARATS×ミタスニーカーズ」コラボ

株式会社LDHが立ち上げたファッションブランド・24KARATSとミタスニーカーズとのコラボでは、1ドル紙幣をプリントしたアッパーが特徴のCONTENDER(24Karats×mita sneakers)が誕生しました。

「MTXIX×ももいろクローバーZ×ミタスニーカーズ」コラボ

ももいろクローバーなどとコラボしたMONDO CONTROL MTXIXは、ももいろクローバーのメンバカラーをモチーフにした付け替え可能なランバードラインが付属している点が魅力。ヒールに田中将大選手のシルエットとMTXIXのロゴをあしらっている点も見逃せません。

「beautiful people」コラボ

beautiful peopleとのコラボは機能美がテーマ。INFINITY WAVEのスケルトンソールとクロノインクス9に使用されているスケルトンアッパーを組み合わせた独創的なスニーカーが誕生しました。

レディーススニーカーはミズノがおすすめで人気

多くのアスリートから支持されているミズノは、高機能のスニーカーを製造しています。また、最近では有名ブランドともコラボするなどデザイン性も高めています。機能・デザインとも優秀なスニーカーを探している人におすすめのブランドです。人気モデルの中からお気に入りのレディーススニーカーを見つけてみませんか。

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧

あわせて読む
記事出典
SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧