韓国で流行「アームカバー/アームウォーマー」に注目!季節別コーデや着こなしのコツもご紹介

韓国で流行「アームカバー/アームウォーマー」に注目!季節別コーデや着こなしのコツもご紹介 via @manan_disney

もともとは日差しや汚れから肌を守るために使用されていた、手や腕を覆う筒状の保護カバー「アームカバー」が昨今おしゃれアイテムとして注目されています。
そこで、今回はアームカバーをおしゃれに取り入れるコツをコーディネート例などとともに紹介します。

トレンドは韓国から?!日本でも「アームカバー(アームウォーマー)」が話題に!

韓国アイドルのアームカバーコーデ via @momo

アームカバーがファッションアイテムとして注目を集めるきっかけを作ったのはK-POPアイドルです。

韓国の人気アイドルたちのアームカバーを使ったおしゃれな着こなしの影響を受けて韓国で人気が高まり、2022年からは日本でもY2Kや韓国ファッションが好きなZ世代を中心に流行が広がりました。

夏にはシンプルなコーデのアクセントとして、冬には「アームウォーマー」と呼ばれる防寒具としても使える、おしゃれさと機能性を備えた万能さが人気の理由です。

 

アームカバー(アームウォーマー)をコーデに取り入れる際のコツ

アームカバーはルーズソックスのように生地をくしゅっとたるませてボリューム感を出すとかわいく、また腕を華奢に見せられます。

さらに、半袖やノースリーブなどのトップスと着合わせるときには肘が見えるようにすると抜け感が出ておしゃれな印象に。

秋冬は、コートの袖からアームカバーの一部を見せたりトップスの上から着用したりして、ファッションのアクセントとするコーデがトレンドになっています。

トップスとの組み合わせが難しいと感じる方にはアームカバー付きのトップスもおすすめです。


【春夏】アームカバー(アームウォーマー)のおしゃれコーデ

アームカバーはほかの服装とのバランスもしっかり考えて上手にコーデに取り入れることが大切です。

そこで、ここでは、アームカバーのデザイン別に春夏におすすめのコーデを紹介します。

ボーダー

ボーダー柄のアームカバーは柄物のトップスと合わせるとかなりインパクトの大きいコーデになります。

落ち着きを持ったシックでまとまりのあるコーデにしたいなら、黒白のボーダー柄のアームカバーに黒いトップスを合わせるとよいでしょう。

ライトグリーンリブ

パッと目を引くライトグリーンリブのアームカバーは白黒でまとめたモノトーンコーデにおすすめのアイテムです。

アームカバーで鮮やかな差し色を入れることによって、無彩色のコーデをおしゃれで華やかに見せることができます。

ドット

ドット柄はドットの大きさによって大人っぽくも可愛らしくもなります。

たとえば、小さいドット柄のアームカバーは可憐な可愛らしい印象を与えるため、女性らしいマーメイドラインの無地のロングスカートとの組み合わせがおすすめです。

トップスもアームカバーと同じデザインのものを着ると全体的にまとまりやすくなります。

シースルー

シースルーのアームカバーは涼しげな雰囲気があるため、夏のコーデにも取り入れやすい点が特徴です。

また、透け感があり手元に重い印象を与えないため、インパクトのある個性的なファッションや華やかなカラーを使ったコーデにも取り入れやすくなっています。

【秋冬】アームカバー(アームウォーマー)のおしゃれコーデ

秋冬には防寒対策として活躍するアームカバー。

ファッションアイテムとして活用する場合に押さえておきたいコーデのポイントやコーデ例を、アームカバーのデザインごとに紹介します。

ホワイトモヘア

毛足が長くて柔らかく温かみを持ったモヘア素材で、なおかつ優しい印象を与えるホワイトカラーのアームカバーは女性らしさを演出したいときにぴったりのアイテムです。

同じく柔らかい印象を与える白やベージュ系のニットやワンピースと合わせると、より一層女性らしい清楚な雰囲気に仕上がります。

ホワイトリブニット

ホワイトリブのアームカバーは春夏だけではなく秋冬にもおすすめのアイテムです。

秋冬では、差し色となる色味を持った長袖のニットトップスに重ねて着用し、アームカバーと同系色のニット帽やダウンベストなどと組み合わせて統一感を出すとおしゃれに着こなせます。

ライトブルーリブ

トップスやボトムス、靴などは黒でシックにまとめたモード感漂うコーデ。

アームカバーは柄トップスに合わせるのもおすすめです。

アームカバーとソックスに差し色となるブルーを入れることでおしゃれ度がグンとアップします。

ベージュリブニット

白のトップスにベージュのアームカバーを合わせたワントーンコーデもおすすめです。

柔らかい印象を与える魅力があるベージュに、くすみのない白を入れることで全体の印象がぼやけず引き締まります。


アームカバー(アームウォーマー)でトレンドコーデを楽しもう!

アームカバーはもともと防寒や事務作業時の使用を目的とするアイテムであったため、取り入れ方次第で野暮ったく見えかねません。

ファッションに取り入れるコツを押さえて上手にトレンドコーデを楽しみましょう。

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧