スニーカー New Balance

【New Balance(ニューバランス)】アイコン的モデル 574 について

New Balance(ニューバランス)の名作、絶大な人気を誇る「574」モデルの紹介

New Balance「574」と「996」はNew Balanceのスニーカーの中でも人気を誇っており、代表的な品番モデルと言えます。実際、New Balanceスニーカーを履いている人の5割以上がこの「574」か「996」を利用しているそうです。

その代表的なモデルの中でタウンユースにも使いやすいようにとデザインされたNew Balanceのアイコン的モデルである「574」の魅力を紹介していきます。

New Balance(ニューバランス) 574 モデル

New Balance スニーカーの中で不動の人気を誇る 574 モデル。

もともとNew Balance の500番台はオフロード仕様に作られており、砂利道などの道の悪い場所でも安定感のある、履きやすい構造になっています。574はNew Balanceの主力モデルともいわれる、1988年に登場した「576」の兄弟モデルとして知られています。違いとして「576」の生産国がアメリカとイギリスであることに対し、「564」は中国やベトナムといったアジアで作られることで、既存の他モデルとは一線を画すコストを実現しています。比較的安価に手に入れられることからも手の届きやすいモデルとして多くの人々の手に渡り、愛用されているモデルです。

New-Balance-574-Grey-Trainer-2
出典:https://realclobber.com/

特徴的なデザイン

New Balance 574 の特徴としてあげられるのが、ボリュームのある硬めのソールで実現された履き心地の良さと、丸みのあるクラシックなデザイン。ミッドソール(地面にあたるアウトソールと、足に触れるインソールの間の部分)にENCAP(エンキャップ)という種類を使用しています。衝撃吸収性のあるサンダルなどに使われる水に強い合成樹脂、EVA素材を使用しているため安定性に優れ、抜群の履き心地を実現しています。他モデルと違った丸みのあるシルエットはどんなスタイルの中にも馴染みやすく、カジュアルでシンプルな中にもかわいらしさを取り入れることができます。

豊富なカラーバリエーション

人気の理由のひとつとして考えられるのは種類の多さ。特殊なカラーリングデザインやコラボデザインのものも多く、2016年から2018年にかけて新しいモデルもいくつか誕生しており、シンプルでクラシックなデザインからユニークなデザインまで展開しています。

New Balance 574 Suede Trainers In Grey
New Balance 574 Suede Trainers In Grey

New Balance の中でも特に人気の定番中の定番カラー グレー。まさにNew Balance スニーカーのアイコニックデザインとも言えるグレーカラーの574モデルは様々な人々から愛され続けています。

New Balance 574 Core Plus Sneaker
New Balance 574 Core Plus Sneaker

シンプルなデザインにプレミアム素材を使用したNew Balanceこだわりの一足。アッパー部分のスエード生地によって上品な印象を与え、さらにポイントとなるカラーブロックのデザインが人気です。

New Balance 574 Sheen Sneaker
New Balance 574 Sheen Sneaker

シンプルなデザインに光沢加工を施した流行でもあるシアー素材のNew Balance 574。定番のグレーカラーをベースに一味違ったデザインが目を引く、抜群の履き心地とデザイン性を兼ね備えている一足です。

アップグレードされた「574」

履き心地の良さがファンからの人気を集めた理由として考えられる574モデルですが、さらに2018年1月に履き心地をアップグレードし、人気を高めています。

新しい574モデルはシンプルかつクラシックなアッパーデザインはそのままに、シューズの構造が根本から見直され大幅にアップグレードすることで、より安定感のある履き心地とより美しいフォルムに進化しました。アップデートされたのはスニーカーの構造だけでなく、新たなカラーバリエーションも発表し話題を呼びました。

New Balanceといえば「574」を思い浮かべる人も多い定番モデル。名作と呼ばれるほど多くの人々から愛される「574」モデルをぜひ体験してみてください。

名作といわれる574にも変更を加え進化を続けていくNew Balance、これからも注目していきたいスニーカーブランドです。

コメントを残す