ブランド紹介 未分類

ブランド紹介【The North Face(ザ・ノース・フェイス)】について

真の機能性の追求と自然との共存をコンセプトにすべての製品を開発しているアウトドアブランド

The North Face(ザ・ノース・フェイス)とは

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)はアメリカのアウトドアブランド。

真の機能性の追求と自然との共存をコンセプトにすべての製品を開発しています。特にアウターは、アウトドアやスポーツなどはもちろん、タウンユースまで様々なシーンで活躍することから人気になり、定番商品へ。ザ・ノース・フェイスのアウターは、優れた保温性を持ち、軽量に仕上げられている。雪、雨、風などの耐水性・防風性を兼ね備えるダウンや、透湿性・ストレッチ性を持つパーカーまでバリエーションが豊富で、まさにコンセプト通り、自然と共存しながらファッションを楽しめるアイテムを開発し続けています。

ブランドのはじまり

はじまりは1968年、アメリカ・カリフォルニア州バークレーで「ザ・ノース・フェイス」創業。

当初小さな会社だったにも関わらず第一号の製品「スリーピングバッグ」は、デビュー当時から話題を呼ぶこととなりました。高品質ダウンの惜しみない使用や生産管理の厳しさもさることながら、業界で初めて最低温度規格の達成や世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」などの画期的な商品の開発から、ユーザーから厚い信頼を得ました。2013年には収入20億ドルを達成し、現在世界最大級のアウトドア用具会社となっています。

創設者の話

The North Faceの創設者 ダグラス・トンプキンズ (Douglas Tompkins)は1943年にオハイオで生まれ、12歳のときにニューヨーク・シャワンガンク・マウンテンズでロッククライミングを始めます。それをきっかけにスキーや登山にのめり込んでいき、17歳になった彼は高校を卒業せずにコロラドへ向かいスキーリゾート「アスペン」で働くこととなりました。この頃からアウトドアは彼にとって大きな存在であったことが分かります。「Patagonia(パタゴニア)」の創設者イヴォン・シュイナード(Yvon Chouinard)とは冒険を共にした親友であり、二人でパタゴニアへ旅に行ったことがきっかけで帰国後会社を設立することとなりました。この二人の旅は「伝説の旅」といわれ、2011年に『180°SOUTH/ワンエイティ・サウス』というタイトル映画化されるほど有名な話です。アメリカにおける”自然を愛するアウトドアカルチャー”の哲学は、「Patagonia」創設者イヴォン・シュイナードと「The North Face」創設者ダグラス・トンプキンズの伝説の旅から生まれたものなのです。

dougtompkins&yvon chouinard
出典:news.nationalgeographic.com

ブランド名について

「The North Face(ザ・ノース・フェイス)」というブランド名はヨーロッパアルプスの難壁中の難壁といわれるアイガーの北壁(ザ・ノースフェイス)を意味しており、山のもっとも寒く、もっとも征服が困難なルートのことをThe North Faceと呼ぶことが由来であるといわれています。ここで連想される言葉が創設者 ダグラス・トンプキンズの言葉 “Never Stop Exploring (探検をやめるな)”という言葉。困難にも立ち向かう、常にチャレンジする姿勢が表された奥深い背景のあるブランド名です。

ロゴについて

アメリカ、カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園のシンボルであるハーフドームをモチーフにデザインされたもの。3本のラインは、ブランド名同様世界三大北壁である、スイスのアイガー北壁とマッターホルン北壁、フランスのグランジョラス北壁を意味しています。チャレンジ精神の感じられる力強く、意味深いロゴです。

The-North-Face-Logo
出典:the north face.com

ブランドの成長

1966年、The North Faceの設立者ダグラスはスキーやバックパック用品を取り揃えた小さなお店をサンフランシスコにオープンし、事業を始めました。

第一号の製品「スリーピングバッグ」は、デビュー当時から話題を呼び、その後の1969年には続いてダウンパーカーの原型ともいえるシェラパーカーを発売。1975年、世界初のドーム型テント「オーバルインテンション」というアウトドア・イクイップメントの常識を大きく変える製品を発表し、その後のテントの形はドーム型が主流となりました。さらに1977年には、はじめてのフレームパック「バックマジック」がデビューし、熱狂的な歓迎を受けました。

スリーピングバック、ウェア、テント、パックと、そのいずれも伝説とささやかれる機能を持ちアウトドア・ギアの限界を高めてきたThe North Face。The North Faceは「最小限のエネルギー・物質で、最大限の機能を引き出す」をものづくりの原点とし、常に改良を重ねた新しい製品の開発に力を入れており、流行やさらには後に主流となるほど画期的な開発を続けています。

 

出典:

ファッションプレス:ザ・ノース・フェイス(The North Face)

東洋経済:上陸40年、「ノース・フェイス」売れ続ける理由

How The North Face Founder Went From High School Dropout to Millionaire Conservationist

コメントを残す