マスクでも【メイク崩れ】させない!ヨレないメイク法やおすすめ商品をご紹介

マスクでも【メイク崩れ】させない!ヨレないメイク法やおすすめ商品をご紹介 マスクでも【メイク崩れ】させない!ヨレないメイク法やおすすめ商品をご紹介 via todayonline
「マスクをしているとどうしてもメイク崩れしてしまう」という悩みを抱えている人も多いはず。

実は、普段のメイクにちょっとした工夫を加えるだけで着用中も外したときにもきれいがキープできるんです!

マスクでもメイクが崩れない簡単なメイクのコツやおすすめ商品、注意点までまとめてご紹介します。

マスクを付けるときのメイク崩れの原因は?

マスクを付けている最中に起こってしまうメイク崩れは、いくつかの要因が重なって引き起こされます。

メイク崩れの原因を知ることで、自分にあったマスクメイクに最適なメイク方法が見つかるはずです。

マスク内側の湿気

花粉やウイルスなど、有害物質を侵入させないように予防するのが、マスクの役割。

その一方、口や鼻から出される息も外に出にくくなるため、結果としてマスクの湿気が高くなってしまいます。

マスク内が湿気に覆われると、肌の蒸れが誘発され、皮脂や汗等の分泌物も影響してメイク崩れが起きやすくなってしまうのです。

肌との摩擦

マスクをしていると、会話等で口を動かしている時は特にですが、肌が擦れあってしまいます。

マスクと肌が何度も擦れあっていくうちに、摩擦によってファンデーションやリップが落ちてしまい、メイク崩れが起こるのです。

自分にあったサイズのマスクをつけていない場合でも摩擦がおきてしまうので、正しいマスクの選び方・つけ方も重要です。

乾燥

via eo

マスクを着けていると内側の湿気によって肌が潤うのではないかという声もありますが、実は逆効果。

マスクを外した時にマスク内の水分が外部で蒸発し、肌の潤いがなくなり乾燥状態になると同時に、皮脂が大量に分泌され、メイク崩れが起こってしまいます。

そのため、“保湿”を重視したメイク前のスキンケアやコスメ選びが重要になってきます。

崩れにくいメイクのポイント

マスク着用時のメイク崩れを防ぐためには、マスクメイクに合ったステップが大きなポイントになります。

普段通りのメイクとは違う、マスクならではのポイントや崩れにくいメイクのコツを押さえておきましょう。

スキンケア

via ORBIS

マスクによって引き起こされるメイク崩れの対策としては、肌との密着度が重要。

保湿をしっかりと行い、ベースメイクが浮くのを防ぐために、スキンケアが肌に馴染んだのを確認してから次のステップへ。

時短メイクの場合は、スキンケアの後にハンドプレスで染み込ませ、軽くティッシュオフするとベースメイクが乗せやすくなります。

ニキビなどの肌トラブルが起こっているときには、毛穴が詰まらないノンコメドジェニックが含まれる化粧品がおすすめです。

ベースメイク

ベースメイクは、薄付きでサラっと塗れるヘルシーに見えるものをチョイス。

マスク着用時は乾燥しにくい保湿タイプで、肌がゆらぐ季節でもストレスなく付けられる、崩れにくいファンデーション選びが重要です。

マスクによるメイク崩れの要因として、皮脂が大きく影響してくるので、テカリやすい部分にパウダーを乗せて対策しましょう。

アイメイク

マスクをしている時でも見える目元は、マスクメイクにおいて重要なポイントとなる部分。

視線が目元に集まってしまうので、目元のくすみやクマが目立ちがちなのでしっかりとカバーしましょう。

アイメイク前にパウダーや下地を塗って、脂分を取り除いた後でアイシャドウを塗ると、発色を長持ちさせる効果が期待できます。

メイクが崩れないマスクのつけ方

マスクによるメイク崩れを防ぐためには、マスクを正しくつけることも重要になります。

マスクの付け方が間違っていたり、自分に合ったマスク選びが出来ていなかったりすると、しっかりとした対策が出来ない他にも、摩擦によってメイク崩れが起こりやすくなってしまいます。

正しい方法でマスクをつける

via feely

正しくマスクをつけていないと、感染予防としての機能が存分に発揮されないほか、マスクが上下にずれてしまうためメイク崩れの原因にもなってしまいます。

鼻から口まで覆えるようにマスクを広げて、隙間が出ないようにするのが正しいマスク装着の基本。

正しいマスクの付け方を知っておくことで、何回も付けなおす必要がなくなるので、摩擦が起こる可能性も最小限に減らすことができます。

肌に優しいマスクを選ぶ

via Yahoo!ショッピング

メイク崩れが起きにくいマスク選びの基本は、肌に優しい素材を使っているかもポイントになってきます

数多くある種類のなかでも、韓国発の「KF94」というタイプのマスクが「メイク崩れしない」「リップがつかない」と話題を呼んでいます。

立体構造になっているため肌との接触面が少なく、メイク崩れしないメリットの他にも、マスク特有の肌荒れ対策としても人気のおすすめアイテムです。

メイク崩れを防止する「メイクキープスプレー」もオススメ

マスクによるメイク崩れを防ぐアイテムとして、メイクキープスプレーが強い味方。

メイクのあと顔にスプレーを振りかけることで、メイク崩れを防止して、仕上がりをキープしてくれる優れものです。

クラランス フィックスメイクアップ

via cosme de net

フランス国内に咲いているローズをふんだんに使い、キープ力だけでなく、ローズ独特の香りでリフレッシュもできるクラランスのフィックスメイクアップ。

一吹きして放出されたミストは、細かい粒子で肌の表面にふんわりと広がるため、顔全体にしっかりとした保湿効果が得られる点が特徴です。

KOSE メイクキープミスト

via LIPS

「汗をかいても、泣いても、メイク崩れない」がキャッチフレーズの、KOSEのメイクキープミスト。

メイクの仕上げ段階でさっと吹きかけるだけで、ウォータープルーフの効果を発揮するという理由もあり、さまざまなレビューサイトでも高順位を獲得しているアイテム。

コンパクトなサイズ感とお手軽な価格が揃った、コスパの良さも人気の理由です。

紫外線予報 メイクを守るUVスプレー

via mybest

プッシュした瞬間、きめ細かいパウターが放出し、サラサラ肌に仕上げる効果が期待できます。

色素や香料、アルコールが含まれず、肌に優しい成分だけで構成されているため、敏感肌や皮脂崩れで悩んでいる人にもおすすめの商品です。

アーバンディケイ オールナイター

via LIPS

噴射されるミストの成分によって、気温の高い夏日や乾燥肌が起こりやすい冬場でも、メイクを維持する効果が期待できるアーバンディケイのセッティングスプレー。

1度スプレーをかけると、最長で16時間効果が維持されるため、メイク直しの時間を省きたい人や長期間の旅行にもおすすめのアイテムです。

マスクでもメイクが崩れないコツをマスター

via and Girl

マスクの湿気や乾燥等によって引き起こされるマスクによるメイク崩れを防ぐには、崩れにくいメイクやマスクの正しい付け方等を身につける必要があります。

毎日メイクにちょっとした工夫を加えるだけで、きれいがキープできるマスクメイクのコツ。

着用時も外したときにもきれいな状態を保つためにも、ポイントをおさえてメイクを楽しみましょう!

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークに拠点を置きグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧

あわせて読む
SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークに拠点を置きグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧

HASHTAGS