レビューあり!Nikeキャニオンサンダルのサイズ感は?履き心地や魅力についても

レビューあり!Nikeキャニオンサンダルのサイズ感は?履き心地や魅力についても

Nike「キャニオンサンダル」は、履き心地が良く、水陸兼用でとても便利なスポーツサンダル。
また、デザイン性にも優れているため、靴下と合わせておしゃれも楽しめる点も魅力です。
今回は、キャニオンサンダルの魅力やおすすめコーデを紹介します。

Nike「キャニオンサンダル」の魅力

キャニオンサンダルは、おしゃれさと歩きやすさを兼ね備えた夏にぴったりのスポサンです。

ここでは、Nike「キャニオンサンダル」の魅力を3つ紹介します。

機能性

キャニオンサンダルは、足の甲とかかとにある3本のベルトで支えるタイプのサンダルのため、安定に優れています。

ソールは、2~3センチ程度の厚底になっているため、クッション性もあり履き心地がよく、歩いていても疲れることがありません。

丈夫なつくりになっていて、耐久性が高いので水陸兼用で使用できます。

小さなお子さんを持つママからも人気のサンダルです。

デザイン性

Nikeのロゴがアクセントになったキャニオンサンダルは、見た目がスタイリッシュ。

全体的にシンプルなデザインなので、飽きが来ることなく長く履くことができるのもおすすめポイントです。

カラー展開もあり、さまざまなファッションで活用できます。


幅広いシーンで活躍できる

水陸兼用で速乾性も高いため、川遊びや雨の日でも気にせず履くことが出来ます。

もちろん、近所への散歩やお買い物にも履くことができます。

着脱しやすく、使い勝手がいいので夏のおでかけにぴったりのアイテムです。

【サイズ感・履き心地】編集部レビュー

キャニオンサンダルのサイズ展開は23.0cm~29.0cmまで。

ハーフサイズの作りは無く、1cm刻みとなっています。

普段ハーフサイズを履いている人はサイズを下げるのか、上げるのか悩みどころでしょう。

今回は、実際に編集部が着用したレビューをお伝えするので、サイズ選びの参考にしてみてください!

編集部:O(20代後半/女性)

スニーカーのサイズ:24.5cm
甲の高さ:普通
足の幅:普通
着用サイズ:24cm

【レビュー】

~サイズ感に関して~

・かかとやつま先はぴったり

・幅はゆとりがあるがベルトで多少調節できるので問題ない

・靴下を履いて着用してもキツさは感じなかった

~履き心地に関して~

・履き口がソフトなので履きやすい

・軽いので長時間履いても疲れない

編集部:S(20代前半/女性)

スニーカーのサイズ:23.5cm
甲の高さ:高い
足の幅:広い
着用サイズ:24cm

【レビュー】

~サイズ感に関して~

・かかとやつま先にややゆとりがある

・甲高タイプなので前滑りするような感じはしない

・足幅が広めだがベルトでサイズ調整できるので痛くない

~履き心地に関して~

・肌にあたる部分はすべて柔らかな素材でできているので肌当たりが良い

・足裏にかなりグリップがきいているので安定感がある

総評

キャニオンサンダルは幅が広めで甲周りはゆとりのある作りになっています。

幅や甲が普通の方は普段のスニーカーサイズよりも小さめを選ぶのがおすすめです。

サンダルから指が飛び出るのが心配であればジャストサイズを選んでベルトで調整すると◎

幅が広め・甲が高めの方はサイズアップを検討してみてもよいでしょう。

幅が広めの方:1サイズアップも検討

幅が狭め~普通の方:1サイズダウン~ジャストサイズ


キャニオンサンダル×靴下合わせもおすすめ

キャニオンサンダルはトレンドの靴下と合わせるコーデにもぴったりです。

サンダルだけで履いていると、日焼けや汚れやケガなども気になりますが、靴下を履いていると足元も安心です。

ナイキのキャニオンサンダルの靴下コーデ

キャニオンサンダル自体がシンプルなデザインなので、ビビッドなカラーの靴下でアクセントをつけたり、トレンドのメッシュソックスなどを使って涼しい足元を演出したりできます。


キャニオンサンダルで夏を楽しもう!

Nikeのキャニオンサンダルは、機能性に優れていてしっかりとしたつくりです。

夏のレジャーや買い物など幅広いシーンで活躍できます。

また、靴下とサンダルでさまざまなコーデを組めるのも特長なので、この夏はキャニオンサンダルでおしゃれを楽しみましょう。

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動する編集部メディアチーム。

このライターの記事一覧

あわせて読む
SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークのメンバーと共にグローバルに活動する編集部メディアチーム。

このライターの記事一覧