2020年では主役級!? 【Nike SB Dunk特集】リリースを盛り上げたモデルを総まとめ

2020年では主役級!? 【Nike SB Dunk特集】リリースを盛り上げたモデルを総まとめ 2020年では主役級!? 【Nike SB Dunk特集】リリースを盛り上げたモデルを総まとめ
1985年にNike Dunkが登場してから今年で35年。その中でも絶大な人気を得ているのがこのDunkをスケーター用にアップデートしたNike SB Dunk。

2000年頃から下火になったDunk人気にテコ入れするかの如く登場したNike SB Dunkは、強力なコラボレーションやリアルなスケートカルチャーにコネクトし多くのファンの支持を得る、今やNikeを牽引するほどまでの存在になっています。

今回は2020年を盛り上げたSB Dunkを余すことなくご紹介していきます。

目次

 

Nike SB Dunk 総まとめ特集 2020

 

2020年にリリースされたNike SB Dunk

スニーカーリリースをもっとも熱くさせたと言っても過言ではない程、数々の名作が排出された2020年のNike SB Dunkシリーズ。

国内では今年2月に発売されたSB Dunk low Infraredからスタートし、12月中旬発売の”Sean Cliver(ショーン・クライヴァー)コラボのSB Dunk Lowまで、常に話題の核となり続けた一年の軌跡を振り返っていきます。

Nike SB Dunk Low Infrared Orange Label (CD2563-004)

見た目からわかる人もいるかもしれませんが、”Infrared”とはAir Max90のファーストカラーをオマージュしたもの。

アッパーはヌバックをベースに、甲部分には当時を彷彿とさせるクラシカルなメッシュ素材を使用。ヒール補強でブラックのレザーを使用しており、アイコニックなカラーリングのインフラレッドも忠実に再現されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Paul Rodriguez Mexico (CT6680-100)

”Nike Skateboarding”に所属するプロボーダーでカリスマと呼ぶにふさわしい”P-ROD”こと”Paul Rodriguez(ポールロドリゲス)とのコラボレーション。

プロボーダーをやっていなければボクサーになっていたと語る”P-ROD”のデザインは、ボクシングとその強国メキシコからインスパイアを受け全体を表現し、デュブレには”World Champion”の文字が刻まれています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Spectrum (CN8345-001)

キリスト教における重要な祭典、”Easter(イースター/復活祭)”を記念したカラーパターンが落とし込まれた、パステルの配色が魅力のモデル。

左右で異なるミスマッチ使用でさらに一見ミスマッチなカラーリングですが、柔らかな色合いで、ハイカットのシルエットが上品に違和感なく構築されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Mid ISO Orange Label Black Dark Grey (CV4283-001)

Nike SB Dunk Mid ISO Orange Label Black Dark Grey (CV4283-001)

via Buyma

Nike SBの真骨頂でもあるブラックレザーコレクションの3モデルのうち、SB Dunkはミッドカットで登場。

ごくシンプルでカラーブロックで、ミッドカット特有のストラップはスケート対応の本格使用となっています。シュータンラベルのオレンジスウッシュがワンポイントとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Truck It (BQ6826-003)

砂漠をテーマにラインナップされた”Truck It Pack”。

ハイとローの2型がリリースされましたが、ローは冷たく澄んだ明け方の砂漠をイメージしたホワイトスエードをベースに構成されています。ハイは夜の闇に沈みかけた夕日を思わせるディテールとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low J-Pack Shadow (BQ6817-007)

Nike SB Dunk Low J-Pack Shadow (BQ6817-007)

via HYPEBEAST

長きに渡りビンテージファンやスニーカーヘッズに愛されるカラーリング、通称シャドウが登場しました。

カラーブロッキングは、全体としてオリジナル屈指の名作カラーを彷彿とさせます。説明不要の一足で神々しさすら感じることができます。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low StrangeLove Skateboards(CT2552-800)

伝説のスケートボードアーティスト「Sean Cliver (ショーンクライヴァー)」が手掛けるスケートブランド”Strangelove(ストレンジラブ)”とのコラボレーションモデルのDunk Low。

アッパーには、高級感のあるベルベット素材やアウトソールのハートのグラフィックストライプ使用のシューレースなど、配色や素材使いの秀逸さに長年のSBファンも唸る、非常にクオリティの高い一足として人気です。

販売数も少なく発売時はかなりの争奪戦となりました。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Travis Scott (CT5053-001)

Nike SB Dunk Low Travis Scott (CT5053-001)-Travis-Scott-Nike-SB-Dunk-Low-CT5053-001

via SBD

ミュージックシーンにとどまらず、ファッションアイコンとしても注目される次世代のトレンドセッター”Travis Scott(トラビス スコット)”とのコラボレーションです。

ダークトーンでまとめたアッパーはサイドパネルにはペイズリーとチェック柄が落とし込まれ、ダメージで下地が現れるギミックもたまりません。シュータン、インソールには”Cactus Jack”のロゴが入っています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Safari (CD2563-002)

Atmosを象徴するサファリカラーを採用した人気のDunk Low。

ベースカラーのブラウンと切り返しのサファリパターン、インサイドとアウトサイドでカラーの異なっている配色は、Air Max1SafariをそのままDunkに落とし込んだものです。

ショップボタン

Nike SB Dunk Mid Griffey (CV5474-001)

”Ken Griffey Jr(ケン・グリフィー・ジュニア)”のシグネチャーモデルで、所属したシアトル・マリナーズのチームカラーをコンセプトにミッドカットダンクで再現されています。

ストラップには2017年に公開されたNike SBのビデオクリップ、”58Tour East”を表す”58”のナンバリングを配置されており、多様なコンセプトを詰め込んだ1足になっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Pro Hennessy (BQ6817-100)

イラクのモースルに由来する、”Muslin(モスリン)”をベースカラーに、ブラックのスウッシュとシューレースでアッパーを構成されており、濃い色のガムソールとマッチしたブラウン、ヒールタブのゴールドを用いることにより、ラグジュアリーな雰囲気を醸し出す上質な仕上がりになっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Pro Blue Fury (BQ6817-400)

身の覚めるような春空を思わせる鮮やかなブルーをベースにリリースされました。スエードとヌバックという人気の素材のコンビネーションと、濃淡をイメージしたディープロイヤルなスウッシュで春の訪れが表現されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Laser Orange (BQ6817-800)

2000年代のテイストが醸し出され、オールドファンからも人気の高い”レーサーオレンジ”のカラーリング。ホワイトレザーをベースに補強パーツには発色の良いオレンジスウェードでそこにパテント素材のスウッシュが絶妙に駆け抜けます。ライナーはネイビーでスウッシュと同じカラーとなっており、レトロな魅力がある1足です。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Reverse Skunk 420(CW9971-500)

スケートグラフィックアーティスト”Todd Bratrud(トッドブラットラッド)”が手掛ける2010年に登場した名作”スカンク”を反転させたアレンジモデルがこちら。

アッパー全体をトーンの異なるパープルで染め上げていて、毛長のスエードが上質な仕上がりを演出しています。マリファナを表すスラング”420”をかけて、僅か420足限定というかなりの狭き門での争奪戦となりました。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Ben & Jerry’s Chunky Dunky (CU3244-100)

アメリカの人気アイスクリーム”Ben & Jerry’s(ベンアンドジェリーズ)”とのコラボレーションで、今も尚値段が高騰し続けている一足です。

ネーミングは人気のフレーバーから由来する”チャンキーダンキー”と名づけられました。牛柄の補強素材はハラコ素材が使用されており、アイスとバナナピューレが滴るようなスウッシュが描かれています。アイスカップに描かれている牧場の風景を全体に落とし込んだかのようなディテールとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Sail Bright Crimson (CV9499-100)

Nike SB Dunk High Sail Bright Crimson (CV9499-100)-Nike-SB-Dunk-High-Sail-Team-Crimson-CV9499-100

via SBD

2011年リリースされた”葉巻の産地”タンバをフィーチャーした”Ciger City(シガーシティ)”に続くカラーリングが登場しました。上品な質感のタンブルレザーにスエードを組み合わせてセイルカラーを中心に仕立てられています。クリムゾンレッドのスウッシュは立体的に装飾されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Grateful Dead Bears Orange (CJ5378-800)

サイケデリックカルチャーなロックバンド”Grateful Dead(グレイト・フルデッド)”のアイコンとして親しまれたクマのキャラクター”ダンシングベアー”のイメージを全体的に落とし込んだ1足です。アッパーはオレンジ色のスエードとファーで構成され、スウッシュがダンシング・ベアの首元の毛並みを表現しています。分厚いシュータンには隠しポケットがついていたりとスニーカーヘッズの心をくすぐるつくりとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Grateful Dead Bears Opti Yellow (CJ5378-700)

1955年に惜しまれつつも解散した”Grateful Dead(グレイト・フルデッド)”の名盤”History Of The Grateful Dead Volume one”のジャケットで登場した”ダンシングベアー”をイエローで落とし込んだDunk low。特徴的な毛長のファーとスエードでアッパーを構成し、サイドはダンシング・ベアの首元をイメージしたギザギザをアレンジされています。ジップ付きの隠しポケットも特徴的なギミックです。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Grateful Dead Bears Green (CJ5378-300)

”Grateful Dead(グレイト・フルデッド)”のアイコンである”ダンシングベアー”をオマージュ。ベアの質感をグリーンのファーとスエードで表現し、首元のギザギザの毛並みはスウッシュで表現されています。SB仕様の厚タンにはジップ付きのポケットがついており興味をそそられるギミックとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low ACG Terra (BQ6817-008)

パープル、オレンジ、ピンク、というビビットなカラーコンビネーションを見事に組み合わせた”Terra ACG”。ミッドソールはTVノイズのような斑点模様で、パープルとブラックのアッパーにキーカラーのオレンジのシューレースが存在感を醸し出しており、サイドも主張感の強いピンクスウッシュで構成されています。90年代のACGを象徴する名作をフィーチャーした文句なしの一足となりました。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Denim Sashiko (CV0316-400)

Nike SB Dunk Low Denim Sashiko (CV0316-400)-Nike-SB-Dunk-Low-Sashiko-Denim-Gum-CV0316-400

via Sneaker Girl

2002年に”444足”限定リリースされた”Denim Reese Forbes”や”Medicom Toy(メディコム・トイ)”、”Levis”などの名作に続き、デニムを用いたクラフト感と和を彷彿とさせる一足が登場しました。ディテールは2色のデニムを中心に構成されており、サイドのスウッシュは6本のステッチで描かれています。各パーツのエッジ部分は切りっぱなし仕様がクラフト感を醸し出しています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Medicom Toy (2020) (CZ5127-001)

1996年に設立された”Medicom Toy(メディコム・トイ)”はフィギュアを通じて日本のおもちゃ文化を世界的に段階を導きました。そんなメディコム・トイが4代目となるコラボレーションをリリース。ベアをイメージさせる黒いハラコ素材を全面に用いてヒールミッドソールは白を配置しています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Civilist (CZ5123-001)

ドイツ首都ベルリンのスケートショップ”Civilist(シヴィリスト)”が手がけた日熱を加えると色合いが変わるサーモグラフィーのような画期的なギミックが搭載されたコラボモデル。温度によって2色楽しめるユニークなデザインは多くのスニーカーヘッズたちを狂喜させることは間違いありません。

Nike SB Dunk Low J-Pack Chicago (BQ6817-600)

名作”Chicago”カラーとDunk Low”を掛け合わせた最強の一足で、盛り上がった今年のDunkシリーズの中で人気No.1ではないでしょうか。説明いらずの王道カラーブロッキングに、絶頂の人気を誇るDunk Lowの組み合わせは今後も確実に語り継がれるスニーカーとなるでしょう。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Instant Skateboards (CZ5128-400)

Nike SB Dunk Low Instant Skateboards (CZ5128-400)-Instant-Skateboards-Nike-SB-Dunk-Low-CZ5128-400

via SBD

1995年に創業された”Instant Skateboard(インスタントスケートボード)”が渋谷の名物からインスパイアされた一足。フォアフットのホワイトとリアフットのブルーをベースにシュータン、スウッシュ、ヒールタブ、アウトソールにブラックを配色されています。シュータンにはInstantのロゴも配置され、ヒール部分には忠犬ハチ公を模したロゴがデザインされています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High “Doraemon” (CI2692-400)

Nike-SB-Dunk-High-Doraemon-CI2692-400

via SBD

彼のアイコニックなカラーで配色されたデザインは、青・赤・白のバランスや黄色の差し色使いが絶妙です。

2020年に生誕50周年のアニバーサリーイヤーを迎える大人気アニメ「ドラえもん」をお祝いするかの様なモデル。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Invert Celtics (CU7349-001)

SB Dunkの遊び心聞いた通称”Invert Celtics”はネガポジ反転すると人気を集めるホワイトとグリーンの組み合わせのセルティックカラーが浮かび上がります。変わり種のギミックが多いSBシリーズはこれからも多くのスニーカーヘッズの心をわしづかみしてくれそうです。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Atlas Lost at Sea (2020) (CZ3334-100)

1990年に韓国から米国に向う途中でアラスカ半島で嵐に遭遇し、40フィートの貨物コンテナ21個を失った貨物船からインスパイアされたモデルです。本作は”Air Flight 90”をベースにライトグレーのクラッキング加工を施したマテリアルで構築されています。イエローのシューレースの下には”Atlas”のデザインロゴが刺繍されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Crater (CT2224-001)

環境問題の取り組みとして形となったのがリサイクル素材を駆使したサステナブルな一足。アッパーは50%が天然皮革繊維からリサイクルされた素材を基に、二酸化炭素と水の使用を削減しています。サイドパネルにはパーツを省いた刺繍でのスウッシュを表現しています。異なる素材感や色がミックスされた特徴的なアウトソールは”グラインドラバー”を混ぜ込むことで生み出されています。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low atmos Elephant (BQ6817-009)

2016年に世界で開催された投票で最も復刻が望まれるモデルとして歴代No.1を獲得したAir Max1 atmos Elephantをそのまま落とし込んだDunk Low。アッパーはブラックとホワイトを中心に、補強パーツはエレファント柄で切り替えています。サイドスウッシュのジェイドカラーはいつ見ても美しい一足です。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Navy Black Gum (CW7463-401)

”Orange Label Collection”からブラックとホワイトの続編としてオブシディアンがリリースされました。アッパーは摩擦に強いヌバック素材を使用し、ホワイトのミッドソールとグリップ性の強いガムアウトソールが前作より後継されています。レザー製のスウッシュやヒールのロゴはブラックで配色され、”Orange Label”らしいオレンジロゴが映えたディテールとなっています。

ショップボタン

Nike SB Dunk High Concepts Turdunken (DC6887-200)

ボストンを舞台とした童話の名作、”Make Way For Ducklings(カモさんのお通り)”からインスパイアされた今作は、ベースにブラウンとベージュ、そしてヒールにダークグリーンとカモをイメージした構成となっています。多様な素材はもちろんブルーのスウッシュと輝くグリーンのシュータンはまさしくカモそのものです。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Frame Skate Habibi (CT2550-600)

Frame Skate × Nike SB】Dunk Low Pro QS “Habibi”

via nike

中東の都市ドバイにある日本のライフスタイルカルチャーを発信するショップ「FRAME (フレーム)」とのコラボモデル。

「Habibi (ハビビ :親愛なる人という意味 )」という名前になったこちらは、ドバイを拠点としていることもありアラブ首長国連邦(UAE)の国旗にも使用されている 赤・白・黒・緑を配色に使用。

ずれたようなスウッシュだけでなく、シューレースにもユニークなアイデアを加え一足。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Wheat (2020) (BQ6817-204)

NIKE SB DUNK LOW PRO WHEAT BQ6817-204

via SBD

2002年のNike SB Dunk創成期、カルト的人気を誇った “WHEAT”を彷彿させる豊潤カラーで、2002年当時のハイプを知るSBファンから特に熱狂的な支持を集める一足。

ショップボタン

Nike SB Dunk Low Sean Cliver (DC9936-100)

伝説のスケートボードアーティスト”Sean Cliver”とコラボレーションした最新作のDunkがリリースされました。ホリデーシーズンを意識したデザインとなり、アッパーにはホワイトレザー、淡いブルーのスエードをベースにシルバーを配置し、メタリックゴールドのスウッシュとゴールドのラメが散りばめられたアウトソール。前作のストレンジラブのデザインと同じくベルベット素材のライニングはソフトな印象を与えました。

ショップボタン

SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークに拠点を置きグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧

あわせて読む
SNKRGIRL編集部
SNKRGIRL編集部
神戸・東京・ニューヨークに拠点を置きグローバルに活動するメディアチーム。

このライターの記事一覧