【ジェンダーレスファッションとは】おしゃれなトレンドコーデ&おすすめブランドを紹介

【ジェンダーレスファッションとは】おしゃれなトレンドコーデ&おすすめブランドを紹介 via SCULPTOR
日常のなかに存在する固定概念を取り払った、自由なスタイルを楽しむ「ジェンダーレスファッション」。
性別の概念に関係なく楽しめるコーディネートは、“自分らしさ”を表現する新たなスタイルとして“定番”になりつつあります。
おしゃれなトレンドスタイルやおすすめブランド、着こなしを一挙公開。

ジェンダーレスファッションとは

男女という性別の境界線なくさまざまな多様性を受け入れ、“自分らしい”スタイルを楽しむ「ジェンダーレスファッション」。

GUCCI(グッチ)やDior(ディオール)などのラグジュアリーブランドをはじめ、GUなどのプチプラブランドまで、ファッションブランドが続々とジェンダーレス/ジェンダーニュートラルなスタイルへ移行しています。

「なぜ男女の服装の違いをはっきりさせる必要があるのか」など、社会のなかで作られたステレオタイプへの問いかけやジェンダーイシューへの関心も高まっているファッション業界。

“女性は女性らしく、男性は男性らしく”といった古典的な考えから解放された新たなジェネレーションにとって、「ジェンダーレスファッション」が一般的なスタイルとして定着しつつあります。

トレンドファッションをジェンダーレスに楽しむ

これまで“女性のもの”“男性のもの”とされていたアイテムやスタイルも、性差なく取り入れるのがジェンダーレスファッション。

トレンドアイテムを自分ならではのスタイルで取り入れる人気セレブのおしゃれな着こなしも必見です。

 

オーバーサイズアイテム

 

この投稿をInstagramで見る

 

BILLIE EILISH(@billieeilish)がシェアした投稿

Billie Eilish(ビリー・アイリッシュ)のトレードマークでもある、「バギースタイル」と呼ばれるビッグシルエットのファッション。

ファッション雑誌 V MAGAZINEのインタビューでは「ただ着たい服を着ているだけ」「自分の肌や体に心地よさを感じて、好きな格好をしてほしい」とも話しており、彼女ならではの新時代のスタイルとして支持されています。

 

ビッグショルダー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Zendaya(@zendaya)がシェアした投稿

肩のシルエットや襟のディテールが際立つジャケットを、デニムとスニーカーでカジュアルダウンして取り入れたZendaya(ゼンデイヤ)。

肩パットやローライズパンツなど、90年代~2000年代初期のスタイルがリバイバルするなか、トレンドのシルエットを定番スタイルでさりげなく取り入れるのもおしゃれ。

さまざまなスタイリングが楽しめるベーシックなアイテムは、ワードローブにひとつは持っておきたい必需品です。

 

パールネックレス

 

この投稿をInstagramで見る

 

mrkimjonesOBE(@mrkimjones)がシェアした投稿

パールアクセサリーはジェンダーレスに楽しむのがトレンド。

DiorやCELINE(セリーヌ)など、さまざまなラグジュアリーブランドがパールアクセサリーをコレクションの一部として発表し、新たなスタイルを提案。

上品でフォーマルな印象の強かったパールですが、カジュアルなコーデやストリートな着こなしに取り入れるスタイルが流行中です。

 

スカート

 

この投稿をInstagramで見る

 

Vogue(@voguemagazine)がシェアした投稿

雑誌『VOGUE』の2020年12月号で、ドレスやスカートなど、女性的・男性的な垣根を取り払った自由なスタイルを披露して話題となったHarry Styles(ハリー・スタイルズ)。

ハリーは、「小さい頃から着飾ることが大好きだった」「着る服がレディースかメンズかどうかは問題じゃない」とも語り、純粋に自由にファッションを楽しむ姿が注目を集めています。

 

ネイル

 

この投稿をInstagramで見る

 

NCT 127 Official Instagram(@nct127)がシェアした投稿

韓国アイドルグループ「NCT」のメンバー、ジャニーとユウタは、動画のコンテンツでネイルアートを楽しむ姿を公開。

スマイルフェイスやポップなカラーで彩られたネイルを披露し、従来の価値観を超えたおしゃれなファッションで新たなトレンドを生み出しています。

ジェンダーレスファッションにおすすめのブランド

SCULPTOR

公式サイトはこちら

“彫刻家のように真心を込めて洋服をつくる”というコンセプトで展開されている韓国発のストリートブランド「SCULPTOR (スカルプター)」。

毎シーズン、最新のトレンドに合わせたコレクションを発表しており、今っぽいスタイリングが叶う人気ブランド。

ユニセックスの商品が展開され、オーバーサイズの洋服を探しているという方にもおすすめです。

 

ADER ERROR

公式サイトはこちら

ユニセックスアイテムを展開する韓国ファッションブランド「ADER ERROR(アーダーエラー)」。

過去にはPumaやZaraともコラボコレクションを発表し、セーターやスウェットなど、ベーシックなアイテムに独創的なアイデアを加えた、斬新なデザインが注目を集めているブランドです。

NORDA

ノルダ 韓国 ファッション ブランド ジェンダーレス NORDA Gender fluid fashion brand

via NORDA

公式サイトはこちら

NORDA(ノルダ)は、「従来の服のサイズにとらわれず、ジェンダーレスで同じワードローブを共有できるブランド」として展開されています。

エッジの効いたNORDAらしいオリジナリティのあるアイテムがラインアップし、カップルやリンクコーデにもおすすめです。

 

UN/BALANCE

公式サイトはこちら

「UN/BALANCE(アンバランス)」は、“唯一無二”をコンセプトにしたジェンダーレスブランド。

その人の持つ本来の美しさや個性、芯にある強さを引き出してくれるような、普遍的かつ上質なアイテムが揃っています。

 

IIQUAL

イーコール ファッション ブランド ジェンダーレス IIQUAL Gender fluid fashion brand

via IIQUAL

公式サイトはこちら

「誰かが決めた“らしさ”を脱ぐ服」というテーマで、“自分らしさ”が着れる洋服を目指している「IIQUAL(イーコール)」。

日常のなかで存在する固定概念からの“らしさ”から解放されるような、メンズ・ウィメンズという概念なく着こなせる商品に注目です。

ジェンダーレスファッションで“自分らしさ”を表現

固定概念による“女性らしさ”“男性らしさ”にとらわれず、自由な発想でおしゃれを楽しむ「ジェンダーレスファッション」。

ファッションブランドでも、性別の垣根なく展開するブランドも増え、自分らしさを表現する新しいスタイルとして浸透してきています。

女性にはレディース、男性はメンズといった考えにとらわれない、“自分らしい”スタイルを自由に表現していきましょう!

編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧

あわせて読む
編集部まりん
編集部まりん
編集者/ライター まりん。Z世代。コスメ系コンテンツ担当。韓国アイドル&コスメオタク。好きなスニーカー「New Balance 327」

このライターの記事一覧